ファミリーマートが富士通ブロックチェーンを活用した実証実験を開始

ファミリーマートが富士通ブロックチェーンを活用した実証実験を開始

台湾で3,000店舗以上のファミリーマートを運営する台湾企業は、富士通株式会社および台湾富士通や現地のITベンチャー企業などと共同で、台湾ファミリーマート重慶店において、ロボットやブロックチェーンなどのデジタル技術を活用して、店舗への集客向上および店員の業務負荷軽減に向けた実証実験を2018年3月29日から開始しました。

ファミリーマート重慶店の様子(3:23秒)

コミュニケーションロボット(ロボピン)

店頭に設置された「ロボピン」は来店客に対し、お買い得商品の紹介や店内で実施されるイベントの案内を行い、ダンスのパフォーマンスも披露してくれます。

光に情報を埋め込む技術(FlowSign Light)

富士通研究所のLED情報伝達技術を用いてLEDの光に情報を埋め込み、来店客が店舗内を巡り専用アプリ搭載のスマートフォンを「対象物」や「ロボピン」にかざすことで、便利で直観的な情報取得スタイルを体感でき同時にスタンプが取得できるスタンプラリーが実施されています。

映像に情報を埋め込む技術(FlowSign Video)

富士通研究所の映像媒介通信技術を用いて映像にリンク情報を埋め込み、冷蔵庫の扉に映る映像コンテンツに、専用アプリ搭載のスマートフォンをかざすことで、スタンプラリーで利用できるスタンプを取得することができます。

商品の陳列棚の電子棚札(SES-imagotag)

商品の陳列棚には、電子棚札(SES-imagotag SA.製)を設置し、POSレジと連携した柔軟な値札変更を実現します。
電子棚札に内蔵されたQRコードやNFCを通して商品の生産履歴やキャンペーンなどの情報を提供します。

3Dカメラ搭載の入店カウンター(FLIR Systems)

店舗の入り口には、3Dカメラ搭載の入店カウンター(FLIR Systems, Inc.製)を取り付け、来店客数の情報を収集・蓄積することで、店舗の売上分析や人員配置の最適化などに活用できます。

顧客情報管理(ブロックチェーン技術)

富士通のブロックチェーン技術をこのような技術と組み合わせることで、改ざんやサイバー攻撃にも耐久性のある安全な方法で取引記録などの情報を管理します。

ファミリーマート今後の展開

本実証実験での検証結果をもとに、ソリューションの機能強化や他店舗への横展開を検討する。
デジタル技術を活用した次世代店舗のモデルづくりを推進する。
AIや手のひら静脈認証などを活用した新たな取り組みについて共同で検討する。

富士通のブロックチェーン技術を使った関連記事

「ブロックチェーン・イノベーション・センター」をブリュッセルに開設(2018年3月21日)
ベルギーにおけるスマートシティを実現するために、都市における社会的・経済的・環境などの課題を調査した上で、ブロックチェーン技術による課題解決を進めていきます。

富士通、ブロックチェーン・イノベーション・センターをベルギーに設立

富士通の関わるICO(ContactNET)とは

富士通は、ビッグデータやIoT(Internet of Things)の知見を活かしたサービスを行っていく方向です。
しかしIoTはセキュリティに弱い言われていますが、ブロックチェーンの技術を使ってそれを解決します。
ContractNETは、IoT(Internet of Things)にスマートコントラクト技術を実装したブロックチェーン技術のサービスです。
分散型アプリケーション(DApps)を開発するIoTに最適化したプラットフォームを提供します。

DMMの取り扱い通貨(BTC/ETH/XEM/XRP/LTC/ETC/BCH)

スポンサーリンク