【悲報】テックビューロ、COMSAプロジェクトは当面の間困難と発表!

【悲報】テックビューロ、COMSAプロジェクトは当面の間困難と発表!

テックビューロから、COMSA(コムサ)による国内でのプロジェクトは、当面の間困難と発表がありました。
Zaif(ザイフ)のテックビューロさんは、ICOで109億円集めてからはダンマリしていますが、集めた109億円はちゃんと貯金しているのでしょうか?

テックビューロの重大発表により、COMSA(コムサ)の価格がソフトランディングしています。
COMSA(コムサ)は、昨年12月には最高値380円をつけましたが、現在下落し13.43円と地面に着陸しそうな価格です。

Wikipediaより
ソフトランディング(軟着陸)とは、航空機等が、緩やかに降下し地面に着陸をすることをいう。
宇宙開発においては月や火星などの衛星・惑星に探査機や着陸船を衝撃を和らげて着陸させること

スポンサーリンク

COMSA(コムサ)のチャート

飛行機が飛行場に着陸するときの軌道のチャートになっていますね!

COMSA(コムサ)とは

テックビューロ株式会社が、企業のブロックチェーン導入を支援するICOソリューション「COMSA(コムサ)」を2017年10月初旬から開始し、取引所Zaif(ザイフ)へ上場させています。
企業に仮想通貨を発行させ、資金調達を手助けしていくというビジネスプランです。

スマホ対応で移動時間も簡単取引

徹底したセキュリティ対策、リップルが買える。
手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

COMSA(コムサ)の基本情報

記号  :CMS(ETH,NEM)
公開日 :2017年11月
取り扱い:Zaif(ザイフ)取引所

COMSA(コムサ)のロードマップ

ロードマップ:https://comsa.io/ja/roadmap
プロジェクトは当面の間困難なので、トークンセール以降のロードマップの内容は当てになりません。

COMSA(コムサ)ICOの説明動画(2:54秒)

COMSA(コムサ)のICO調達額は109億円

Zaif(ザイフ)でのICO第一号COMSA(コムサ)トークン

テックビューロ社はCOMSA(コムサ)プロジェクトの第1弾として自社のトークンを開始しています。


COMSA(コムサ)のICOに参加した人はERC20、Mosaicのどちらかでトークンを受け取ることができます。(現在ICOは終了しています)

一応、COMSA(コムサ)の取扱所紹介


▼LINE@で、お得な情報配信中▼
友だち追加

スポンサーリンク