【緊急】Solidex取引所一時閉鎖のお知らせと移行方法について

【緊急】Solidex取引所一時閉鎖のお知らせと移行方法について

Solidex取引所に上場しているMOOVERからいきなりなメールが届きました!

MOOVERコントリビューター 各位メール抜粋

・MOVEトークンの取引市場をSolideXからWavesに移行します!
・Wavesへの移行は、2018年11月5日 3:00UTCに実行を予定しています。
・現在のMOVEトークンは、Waves上で発行された新たなトークンに交換されます。
・交換申請はWaves移行と同時にMOOVERアカウントからを受付を開始します。
・受付開始まで、SolideX上にデポジットされたMOVEトークンを
ご自身のMOOVERアカウントに移動させてください。

SolideXにデポジットされたMOVEトークンは、2018年12月1日 9:00 UTC(SolideX閉鎖日時) をもって消滅します。

Solidex一時閉鎖の理由

[重要] SolideXは一時的に閉鎖されます。

SolideXは、公開前でも多くの注目を集めており、多くの悪質な攻撃や高度な攻撃の対象となっています。

このような状況では、セキュリティ上の重要性が明らかになったため、システムを完全に一時的に終了して、根本的な問題を解決するためのシステム全体の改善とアップグレードを実施することにしました。

Solidex取引所は、以前から攻撃の対象になっている。
セキュリティ強化の為に一旦完全に取引所を閉鎖しアップグレードを実施する。

2018/11/2更新
SolideX取引所一時閉鎖のメール連絡が入りました!

SolideXにトークンを置いておくと、2018年12月1日9:00 UTCをもってトークンが消滅します。
それまでにトークンの移動を必ず完了させてください。

Fountain Connect(FTCT)MOOVER(MOVE)、Unizon(UZNU)の公式ウォレットを持っていない方は以下のリンクからウォレットを作成してください。

ICOで購入していた方は、それぞれの管理画面がウォレットになっていますのでそちらに移動してください。

MOOVER: https://token.moover-contrib.tech/signup
FTCT     : https://token.fountain-connect.com/signup
Unizon   : https://myaccount.unizon.io/signup

上記のトークンはWaves(DEX)で取り扱えるようになります。
マイページ内にマニュアルを公開しているので、ご確認の上必要な手続きを進めてください。

Wavesへの上場日時(日本時間)
MOOVER: 11月5日 12:00
FTCT : 11月7日 17:00
Unizon: 11月8日 18:00
GEAR:11月14日(18:00)
LODE:11月12日~12月12日(15:00)

ウォレットに戻したトークンをWavesに移動する方法(Wavesトークン移動マニュアル)
http://i-secure.biz/ZNtoOf

WAVES(ワベス・ウェーブス)の分散型取引所(DEX)の過去の記事はこちら

スマホ対応で移動時間も簡単取引

手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

Solidex(ソリデックス)取引所の更新履歴

2018/11/2更新
SolideX取引所一時閉鎖のメール連絡が入りました!
SolideXにトークンを置いておくと、2018年12月1日9:00 UTCをもってトークンが消滅します。
それまでにトークンの移動を必ず完了させてください。

2018/10/22更新
LODEの上場日が11月12日に確定しました!
LODEは9月末に上場予定でしたが、トークンセールの参加者が予想以上に多かったため情報管理体制整備に想定以上の時間を要していました。(Solidex一時閉鎖に伴い上場は無しですね)

2018/10/09更新
UTC:10/9、AM8:00、日本時間17:00にメンテナンスは終了し再開しました。

2018/10/05更新
メンテナンス中ですので、しばらくお待ちください。

2018/09/26更新
MOOVERのICO(MOVE)トークンが先ほど9月26日にSolidex(ソリデックス)へ上場しました。
GeARのICO(GEAR)トークンは、10月2日にSolidex(ソリデックス)へ上場します。

2018/09/25更新
UnizonのICO(UZN)トークンがSolidex(ソリデックス)へ上場し、9月27日18時より取引開始です。

2018/09/22更新
・Solidex(ソリデックス)取引所のシステムメンテナンスが終了し、FountainConnectのICO(FTCT)トークンが上場した記事を追加しました。

Solidex(ソリデックス)取引所の特徴

・使いやすいインターフェイスを構築
・高度なセキュリティ管理の運用
・高い流動性(換金、交換がしやすい)
ユーザーにとって信頼性が高く安心安全な取引所の構築を目指しています。
また、今後は分散型取引所(DEX)の開発に取り組んで世界トップクラスのセキュリティを目指しているようです。

スポンサーリンク

Solidex(ソリデックス)取引所上場の日程

・MOOVERのICO:9月中
・LODEのICO:9月中
・UNIZONのICO:9月中
・GeARのICO:9月中
・FountainConnectのICO:9月15日
・FREAKSTREAMのICO:年内
・RegainのICO:12月頃
・FiropのICO:12月中
・TRUSTEMのICO:12月中

上記5つのICOが9月中に、Solidex(ソリデックス)取引所に上場する予定です。

Solidex(ソリデックス)取引所(MOOVERのICO)

MOOVERのICO、ステージ2|MOOVERの買い方、残りわずか!


MOOVERは、UBERやAirbnbなどに代表されるシェアリングエコノミー(家、車、モノや技術など余った資産を有効に活用するサービス)の考え方をモバイルデータ通信において実現します。

余ったデータ通信料が発展途上国にシェアできるのです。
世界のどこかで、資源の不足している人々にシェアできることはとても素敵なことですよね。
こうした発展途上国における、通信インフラの問題を解決するのが「MOOVER」です。

Solidex(ソリデックス)取引所(LODEのICO)

LODE(ロード)のICO、開催中、事前登録、購入方法


LODE(ロード)のICOは、配当型の金採掘の投資ではありません。
採掘された鉱山、精製された場所、製錬所、金の出所や保管状況などのあらゆる金の情報を、不正出来ない技術で記録することで、世界中の金現物取引における不正と無駄を排除しいく取り組みです。
この取り組みにより、効率的なマーケットを構築し世界中の金(ゴールド)業界を大きく変えるプロジェクトです。

ブロックチェーンの技術を使って金(ゴールド)現物の取引からムダと不正を無くし、スマートで安心・安全な取引を可能にするものです。

Solidex(ソリデックス)取引所(UNIZONのICO)

Unizon(ユニゾン)のICO、AirDropの対象は事前登録するだけ

相互扶助の精神を持った保険ですが、様々な問題をかかえています。
保険会社では、高額なコストがかかると言われています。
都内の良い場所にビルを構え、保険会社のCMは毎日のようにテレビで見かけます。
そのコストは私達が毎月払う保険料に、しっかりと上乗せされています。

世界に目を向けると、保険料が高いために保険に加入できない人たちも多くいます。
Unizon(ユニゾン)のICOは、こうした問題をブロックチェーン技術によって様々なコストを省くことでこれまでの保険の常識を変えていきます。
加入者主導の保険商品を企画することができるUnizon(ユニゾン)のICOプロジェクトは、
とても将来性のあるのではないでしょうか。

Solidex(ソリデックス)取引所(GeARのICO)

GeAR(ギア)、クリエイター必見!エアドロップで5$分配布中!


GeAR(ギア)のARゲームは、マルチプレイヤー対戦、位置情報、暗号通貨、ブロックチェーンなどのテクノロジーを組み合わせたゲームです。
スマートフォンのカメラを通したAR(拡張現実)でのみ見える、バーチャルな世界と位置情報を使って臨場感あふれるゲームとなっています。

ポケモンGOのAR(拡張現実)

GeAR(ギア)のARゲームは、マルチプレイヤー対戦、位置情報、暗号通貨、ブロックチェーンなどのテクノロジーを組み合わせたゲームです。
スマートフォンのカメラを通したAR(拡張現実)でのみ見える、バーチャルな世界と位置情報を使って臨場感あふれるゲームとなっています。

GeARの目的は、ゲーム市場でクリエイターが自由にゲームを開発できるプラットフォームを提供することです。

Solidex(ソリデックス)取引所(FountainConnectのICO)

Fountain Connect ICO、2018年9月に上場!?


Fountain ConnectのICOは、「透明性のある新しい寄付文化を世界に」というビジョンを掲げています。
私たちから募った寄付金は、意義ある活動に活用されているのでしょうか。

赤い羽根の共同募金では運動をすすめるための経費は、おおよそ募金額の2割程度かかります。
経費の使いみちは、事務費(事務所費、職員人件費など)、赤い羽根、募金箱、ポスターやチラシ、パンフレットなどの広報資料、会議の開催費などにあてられています。
寄付を募るのに、不透明さや不確実さが原因で様々な問題が起きています。
Fountain Connectのプロジェクトは、寄付活動における「透明性と確実性」を解決します。

 

今後Solidex(ソリデックス)取引所上場予定のICO

FreakStreamのICO、ライブ配信のオタク文化が非常に熱い

オタク文化にフォーカスしたコンテンツ配信のプロジェクト、FreakStreamのICOのご紹介です。

FreakStreamはオタク文化にフォーカスしたプロジェクトです。
オタク文化とは、80年代のサブカルチャー(サブカル)漫画、アニメ、ゲームなど独自の信条を持つ人々の文化の流れで、それらに加えアイドル、フィギア、コスプレ、ボーカロイド等好きの人たちの文化をオタク文化といいいます。

▼LINE@で、お得な情報配信中▼
友だち追加

スポンサーリンク