【速報】Bittrex(ビットレックス)82種類の仮想通貨サービスを停止!

【速報】Bittrex(ビットレックス)82種類の仮想通貨サービスを停止!

アメリカの大手取引所Bittrex(ビットレックス)が2018年3月30日までに82種類のアルトコインのウォレットサービスを停止すると発表しました!

2018年3月30日に、以下のリストに含まれる財布を取り除きます。
これらの財布が削除されると、これらのコインを回収することはできなくなります。
ユーザーは、2018年3月30日までにコインを引き出しておく必要があります。
アスタリスク(*)の付いたコインには、引き出しを許可しないブロックチェーンや財布があります。
そのような場合、残高を引き出すことができないのは、Bittrex Exchangeプラットフォームによる
ものではありませんが、そのコインに関連付けられている基礎ブロックチェーンまたはウォレットの問題が原因です。

ソースはこちら

記事によると2018年3月30日までに、対象の仮想通貨の財布(ウォレット)を取り除き今後は引き出せなくなるので注意が必要です。

スポンサーリンク

財布(ウォレット)を取り除くということなので、ビットコインなどの通貨に戻しておかないと取り出しが不可能になってしまいます。

全て消えてしまうので注意しましょう!

対象の通貨はこちら

8BIT、ADC、AM、AMS、APEX*、ARB、BITS*、BITZ*、BLC、BOB、BSTY、BTA、CCN、CRBIT*、CRYPT*、DAR、DGC、DRACO、DTC、FC2
FRK、FSC2*、GEMZ、GHC、GP、GRT、HKG、HYPER*、HZ、J、KR*、LXC*、MAX、MEC、METAL、MND、MTR*、MZC、NAUT、NET
NEU*、NTRN、OC*、ORB、PRIME*、PXI、ROOT*、SCOT、SCRT*、SFR*、SLG、SLING*、SOON、SPRTS、SSD*、STEPS*、STV、SWING、TES、TIT、TRI
TRK、U*、UFO、UNIQ*、UNIT、UNO、UTC、VIOR*、VIRAL*、VPN、WARP*、XAUR、XBB、XC、XCO、XDQ*、XPY*、XQN、XSEED*、XTC、YBC*

ブロックチェーンが壊れていたり、開発チームがサポートしていない仮想通貨の財布(ウォレット)を取り除くということなので、早めに対処しておきましょう。

Bittrex(ビットレックス)は世界で最も有名な仮想通貨取引所

Bittrex(ビットレックス)はアメリカのラスベガスにある取引高世界第7位の超大型取引所です。
日本では買えない種類の通貨や新しく公開された通貨もいち早く上場しています。
Bittrex(ビットレックス)の一番の強みは、何といってもその仮想通貨の種類の多さです。
Binance(バイナンス)よりも遥かに多い300種類近くの通貨を取り扱っています。

とても人気が高い取引所で昨年12月には、新規口座開設の受付を一時ストップするほどでした。
そんなBittrex(ビットレックス)ですが、2018年3月に開設される仮想通貨取引ZODIAC(ゾディアック)が話題になっています。
アドバイザーに、Bittrex(ビットレックス)の共同創業者兼CEOの「Bill Shihara」氏が就任しているので今後の動きに注目です。

【追加記事】コインチェック、匿名通貨扱い中止


3種類はモネロ(XMR)、ジーキャッシュ(Zcash)、ダッシュ(DASH)で、一般的な仮想通貨とは異なり送金先を把握できず、資金洗浄に利用されやすいということからです。
購入は控えた方がいいかもしれませんね。

DMMの取り扱い通貨(BTC/ETH/XEM/XRP/LTC/ETC/BCH)

スポンサーリンク