【速報】Zaif(ザイフ)のハッキング事件、被害保障について!

【速報】Zaif(ザイフ)のハッキング事件、被害保障について!

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)を運営するテックビューロ(株)は、9月20日未明にハッキングの被害により仮想通貨67億円が消失(通称Gox)したことを発表しました。

Zaif(ザイフ)は9月14日以降、システム障害で仮想通貨の入出金などのサービスを停止、17日には「顧客資産の安全を確認した」とツイッターでツイートしていました。

Zaif(ザイフ)取引所は、9月14日の17時頃外部から不正アクセスされ「ホットウォレット」から流出しました。
17日にはサーバーの異常を検知し18日にハッキング被害を確認しています。
これによると、2018年9月17日のツイートの時点では、「お客様の資産の安全を確認いたしました」とあるように、ハッキング被害を把握しているようです。

2018年9月17日 19:48

不正アクセスで流出した仮想通貨はビットコイン(BTC)やモナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)の3種類で合計67億円となり、コインチェックの事件の被害額には及びませんがかなり大きな金額です。

スマホ対応で移動時間も簡単取引

手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

Zaif(ザイフ)ハッキング事件プレスからの報告

Zaif(ザイフ)プレスからの報告

プレスからの報告まとめ

・2018年9月14日17時頃からハッキングは行われた。
・ホットウォレットで管理していた(BTC、MONA、BCH)。
・補填する資金は株式会社フィスコデジタルアセットグループから提供される予定。
・入出金の再開日時は安全が確認されない限りは再開しない。
・フィスコが資金の補てん、株式取得で50億を支援する。

憶測は無い事実を作り上げてしまう


12日:フィスコサーバー切り離し(フィスコはZaifのサーバーシステムを使用してました)
14日:Zaif(ザイフ)ハッキング被害を受ける
17日:ホットウォレットのハッキング発覚
20日:Zaif(ザイフ)がハッキングと共に、資金援助・役員解任・買収等を発表

フィスコが資金の補てん、株式取得で50億を支援するこの流れ、何か不自然ですな。

スポンサーリンク

Zaif(ザイフ)のハッキング事件、被害保障について

取引所Zaifは日本円で約67億円相当(BTC、MONA、BCHを含む)のハッキング被害を受けましたが、フィスコからの資本提携、50億円の金融支援を元に、顧客への被害を及ばないよう準備をし経営陣交代なども検討しているようです。

銀行の被害総額、年38兆円・サイバー攻撃に警鐘

IMF試算:時事ドットコム-(2018/06/22-23:19)
世界の金融機関がサイバー攻撃の深刻なリスクに直面しており、被害総額が年間3500億ドル(約38兆5000億円)に上る可能性があるとの試算を公表しています。
金融機関へのサイバー攻撃は、仮想通貨機関と比べて桁違いも甚だしいですね。

▼LINE@で、お得な情報配信中▼
友だち追加

スポンサーリンク