イスラム法とシャリア、イスラム金融市場と仮想通貨の未来

イスラム法とシャリア、イスラム金融市場と仮想通貨の未来

仮想通貨市場にも春の訪れですね!
昨晩からビットコインの価格が上昇してきてそれに引きずられるようにアルトも順調です。
高騰している要因に、イスラム圏の仮想通貨に対する投資解禁の影響ではといわれています。

全体的に見事な右肩上がり

仮想通貨はイスラム教義の壁を超えるか

イスラム法のシャリアでは、原則的に利息の支払いを禁じていて金銭的投機には難色を示しています。
イスラム法学者のあいだでは、仮想通貨が教義上許容されるか論争がまき起こっています。

18億人が#bitcoinを購入できるようになりましたのツイート。


イスラム圏は18億人と人口が多くまた石油産出国も多くあり、そのオイルマネーが仮想通貨市場に入ってきたらと期待がもてます。
投機性の高いビットコイン取引は禁令に抵触するとされてきましたが、規制されても人は仮想通貨で取引するようです。

規制されても人はやりたいことをやる

映画『ペルシャ猫を誰も知らない』予告編


音楽を自由に楽演奏できない。イランのドキュメンタリー風の物語♪
バンドの練習するにも環境が与えられず、厳しい規制の中でも若者は音楽を求め地下にもぐる。
とてもおかしくも切ない映画です。

イスラム法とシャリアのまとめ

ビットコインやアルトコインが急騰、理由はイスラム法のシャリアで仮想通貨を容認なのか。
日本も諸外国も、仮想通貨をどうしたら適法で使えるようになるかに苦慮しています。
いろいろと憶測も飛んでいますが、イスラム法が正式に仮想通貨を容認したら、イスラム金融市場から仮想通貨市場へと資金が流入してくるかもしれませんね。

スポンサーリンク