コインチェックの上場廃止4銘柄のお知らせと新規上場予想について

コインチェックの上場廃止4銘柄のお知らせと新規上場予想について

5月18日付けでコインチェックは、匿名性の高い仮想通貨4銘柄に関し取引廃止を発表しています。
コインチェックの上場廃止4銘柄は、Monero(XMR)、DASH(DASH)、Zcash(ZEC)、Augur(REP)です。
保有者は同日以降に日本円に換金した上で顧客の口座に振り込むとしています。
新規上場予想は、MONA、Pepe、XCP(詳しくは本文)です。

スマホ対応で移動時間も簡単取引

徹底したセキュリティ対策、リップルが買える。
手数料が無料、LINEサポート24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

廃止日:2018年6月18日
詳細内容:Coincheck上における一部対象仮想通貨の売買、入出金、保有、当社への貸し出しの廃止
対象通貨:XMR、REP、DASH、ZEC

1:取り扱い廃止に伴い、廃止日に保有している対象通貨は、市場価格で売却し、日本円に転換されます。
2:売却で取得する日本円は、Coincheckアカウントの残高に反映されます。
3:本案内により多数の送金申請をいただいた場合、目視等での確認も含め送金完了までに数日程度お時間を頂戴する場合がございます。
4:出金の際は取引時確認の完了が必要です。また、別途追加での取引時確認を行う場合がございますことをご了承ください。

コインチェックの上場廃止4銘柄

なぜ4銘柄が上場廃止なのでしょう?
特に、Monero(XMR)、DASH(DASH)、Zcash(ZEC)は、匿名三兄弟としても有名な銘柄です。

スポンサーリンク

匿名性の特徴

・取引履歴が残らない
・お金の流れがわからない
・ダークサイトで利用される
匿名性の特徴から危険を伴うので、消費者保護の観点から取り扱いを廃止するようです。

上場廃止銘柄のMonero(XMR)とは

Monero(モネロ)はとても匿名性に優れていて、2017年に暴騰した暗号通貨の一つです。
同じ匿名性に特化した通貨はジーキャッシュやダッシュがともに有名です
Monero(XMR)の特徴はこちら

上場廃止銘柄のDASH(DASH)とは

Dash(ダッシュ)の場合は、「送金プール」というものを経由して送金することで匿名性を実現しています。
簡単に言えば、複数人が送金したものが一旦同じプールにまとめられ、そこからそれぞれの相手先に送金されるという仕組みです。
そのため記録として残るのは「プールから送金された」という事実のみ、誰が送金したのかは分からないようになっています。
DASH(DASH)の特徴はこちら

上場廃止銘柄のZcash(ZEC)とは

ジーキャッシュ(Zcash)には「ゼロ知識証明」という仕組みがあり、送金者のアドレスも分からなければ受取アドレスも分からず、送られた数量すらも隠されています。
それにもかかわらず、送金の正当性を証明できるのが「ゼロ知識証明」の特徴です。
Zcash(ZEC)の特徴はこちら

上場廃止銘柄のAugur(REP)とは

・未来で起こるイベントにお金を賭ける
・ギャンブル性の要素が高い
ギャンブルを助長するという危険性の理由から、匿名通貨とともに取り扱いを廃止するようです。
みんなが予測に関われば、その予測はより正確になるという「群衆の知恵」を利用し、正確な予測市場を作ることを目的としています。
あるグループで行われた平均予測が、そのグループの特定の個人によって行われた予測よりも優れているということです。
群衆の知恵をブロックチェーン上に集約することで、オーガーは他の予測市場と比べて独特の優位性を提供しています。
Augur(REP)の特徴はこちら

コインチェックの新規上場予想について

・日本に上場済みの銘柄
・時価総額が高い銘柄
・匿名性ではない銘柄
・賭博系でない銘柄
コインチェックに取り扱いのない銘柄を考えた時、既に金融庁のホワイトリストに登録されている中からモナコイン(MONA)が本命とされています。

新規上場予想のモナコイン(MONA)とは

2ちゃんねるから生まれたモナコインは、日本発であり、日本初でもある仮想通貨です。
モナコインは、掲示板「2ちゃんねる」の「Mr.Watanabe氏」により開発されたました。
有名なアスキーアートの「おまえモナー」がモチーフとなっています。

モナコイン(MONA)の特徴の記事はこちら

新規上場予想のCounterParty(XCP)とは

ダークホースとしてCounterParty(XCP)を上げておきます。
以前、ホリエモンこと堀江貴文氏が「HORIEMONCARD」というアセットを発行しました。
カウンターパーティー(Counterparty)のプラットホームを利用すれば独自の通貨の発行が可能になります。
個人やお店や、アーティストなどが、有益なビジネスを創出することができます。

CounterParty(XCP)の特徴はこちら

新規上場予想のペペキャッシュ(PepeCash)とは

ダークホースの2弾目としてペペキャッシュ(PepeCash)を上げておきます。
海外で人気のカエル通貨ペペキャッシュ(PepeCash)は、モナコイン(MONA)と同じくコミュニティー文化を背景に流通しています。

ペペキャッシュ(PepeCash)の特徴はこちら

取引所Zaifの口座開設

モナコイン(MONA)、CounterParty(XCP)、ペペキャッシュ(PepeCash)はZaifで購入できます。

Zaifの口座開設マニュアルはこちら

コインチェックの新規上場予想についてのまとめ

コインチェックの新規上場予想の銘柄は、既に金融庁のホワイトリストに登録されている中から選ばれるでしょう。
今後コインチェックは、セキュリティや管理面での体制を強化し、仮想通貨交換業者としての登録と業務再開を目指しているのが伺えます。

スポンサーリンク