テレグラム ロシア裁判所が使用禁止、ロシアのザッカーバーグが反論!

テレグラム ロシア裁判所が使用禁止、ロシアのザッカーバーグが反論!

テレグラム ロシア裁判所が使用禁止

ロシア裁判所は、ロシア連邦通信局(Roskomnadzor)が求めていた「テレグラムの使用禁止について」を認める決定を下しまた。
この決定によりロシア連邦通信局はテレグラムの使用禁止に向け国内の通信会社に対し、使用停止の手続きを開始することが許可されたことになります。

テレグラムはロシア最大のソーシャルネットワーク

ロシア最大のソーシャルネットワークである「VK」の創設者であるニコライ・ドゥーロフとパーヴェル・ドゥーロフ兄弟が2013年に立ち上げたドイツのベルリンに拠点を置く独立系非営利企業です。

テレグラムは、ユーザーのプライバシーを優先した非営利団体として活動し、ユーザー数は2億人を超えています。

スポンサーリンク

テレグラムのICOについて

最近テレグラムが行った機関投資家向けのICOは、約2700億円の資金を調達しています。
テレグラムは現在、本拠地がドイツのベルリンからドバイに移っています。

テレグラム側…ロシアのザッカーバーグが反論!

ロシアでは、法的にアプリの通信情報を国家の管理下に置く措置が取られていています。
テレグラムは、ユーザーのプライバシーを優先した非営利団体として活動し両者の対立は続いていましたが、ロシア裁判所が使用禁止をくだしました。

テレグラムの創設者パーヴェル・ドゥーロフ氏は、ロシアのテレグラムユーザーに対し、ブロックを迂回する方法を提供すると語り、アプリをアンインストールしないように呼び掛けを行いました。


プライバシーは販売用ではなく、人権は恐怖や欲求から損なわれるべきではありません。

テレグラムとロシア裁判所のまとめ

テレグラムにロシア裁判所は、テレグラムの拒否は違法であると判断し、使用禁止を決定を下しましたが、テレグラムが上訴を成功させるならば使用禁止は解除されます。
まだまだ予断は許されませんが両者の対立は続いていくとみられ、今後の展開にも注目です。

スポンサーリンク