ハードフォーク(BCH)ビットコインキャッシュが32MBに!

スマホ対応で移動時間も簡単取引

手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

ハードフォーク(BCH)ビットコインキャッシュが32MBに!

今日の仮想通貨の相場は下落していますね!
ビットコイン現在の価格は90.4万円となっています。

下落の要因として、韓国大手の取引所UPbit(アップビット)が実際に保有していないにも関わらず仮想通貨をあるかのように偽り、詐欺及び電子記録偽造の疑いで検察より家宅捜査受けました。
さらに、日本最大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)でのハッキングという、山本一郎氏のTwitter上での意味深な風評により、相場に影響したようです。

ビットコイン(BTC)の価格

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークは、5月15日に予定しています。
ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月1日にビットコイン(BTC)からハードフォークして誕生しました。
ハードフォーク時点で、ビットコイン(BTC)保有者に同数のビットコインキャッシュ(BCH)が付与されました。
ビットコイン(BTC)は流通量が増え手数料の増加などのスケーラビリティ問題が起きていました。

この問題を解決する為に、ビットコインキャッシュ(BCH)ではブロックサイズを8MBに増やしました。
5月15日のハードフォークではブロックサイズを8MBから32MBに更に拡張します。
32MBまでブロックサイズを増加することで、処理速度は格段に上昇します。

基礎的なスマートコントラクトを導入することで、ビットコインキャッシュ(BCH)にイーサリアム(ETH)の特徴も取り入れられるようです。

スポンサーリンク

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格

ハードフォークの予定日時

bitFlyerの対応

お客様へ

ビットコインキャッシュ・コミュニティによりビットコインキャッシュ・ブロックチェーンのハードフォークが予定されています。
今回のハードフォークは 32 MB までのブロックサイズの引き上げといくつかのオペコード新規追加および再有効化が目的です。
今回のハードフォークは日本時間 2018 年 5 月 16 日(水) 午前 1 時~午前 3 時頃に行われる予定です。

マイクロソフトがビットコインキャッシュ(BCH)での支払いを受け付け

マイクロソフトは2014年よりビットコイン(BTC)による支払い受付を行っていましたが、新たにビットコインキャッシュ(BCH)での受付も開始しました。
これはBitPayの決済サービスがビットコインキャッシュ(BCH)に対応したことためです。
ビットコインキャッシュ(BCH)での迅速な決済や手数料が0%であるといった利点があげられます。

大手マイニングプールビットメインがバーン

世界的最大級のマイニングプール、Bitmain社のAntpoolが、送金手数料の12%分のビットコインキャッシュ(BCH)をバーン(焼却)とツートしました。
これにより発行枚数が減るので価格にも反映されることでしょう。

ハードフォーク(BCH)ビットコインキャッシュのまとめ

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークの予定としては、2018年5月15日(火)12:00、ブロック1,526,400,000とされていますが、bitFlyerからのメールの案内によると、日本時間 2018 年 5 月 16 日(水) 午前 1 時~午前 3 時頃に行われる予定としています。

いずれにしても、ビットコインキャッシュ(BCH)が使いやすくなり、相場格言があるように「うわさで買って事実で売る」ということで利益を得るチャンスでもありますね。

スポンサーリンク