バイナンス おすすめ 銘柄 ETHLend とは|概要・価格比較

ETHLend (LEND)
公式サイト
ホワイトペーパー
Twitter
Token:(LEND)

スポンサーリンク

中央の管理通貨制度では、国ごとに通貨が発行されていて経済状態が異なるため、金利政策も異なっています。
世界に目を向けると、銀行口座を持てず融資や資金環境を与えられない人が大勢います。

この問題を解決するのがブロックチェーン技術であり、自動で契約を執行するスマートコントラクトなのです。

多国間の金利のばらつきを解消して、銀行口座を持たない人に融資を可能にし、誰もがどこでも貸出し借り入れできるのがETHLendプラットフォームです。

融資は金融機関ではない

ETHLendは、ブロックチェーン上で世界中の人が自由にお金の貸し借りができるようになる、ピア・トゥ・ピア(Peer to Peer)のプラットフォームを目指しています。
動画英語説明(1:15秒)

ETHLend(LEND)との競合

ブロックチェーンを用いた融資プラットフォームサービスには競合があり、ETHLend(LEND)と似たプロジェクトには「SALT」や「EVEREX」などがあります。
「LEND」の魅力は、1単位あたりの価格が安く運営もしっかりしていて、実体があり開発も進んでいるということが挙げられます。

ETHLend(Lend)の価格

SALT(SALT)価格

EVEREX (EVX)の価格

ETHLendによる融資が行われる手順

ETHLendによる融資はスマートコントラクト(契約の自動化)技術を用いて行われます。
金額や金利、期間などを設定したスマートコントラクトにより、借りてと貸し手が自由に融資を行うことができます。
設定された期間を過ぎても融資した金額が返金されない場合には、借り手の担保であるLENDトークンが貸し手のアドレスに自動に転送される仕組みになっています。
また、無担保での融資も行うことができ、金利も通常より高く設定されます。

このようなプラットフォームを構築することで、現在の金融システムが抱えている問題を解決するのが、ETHLendのプラットフォームです。

エアードロップ

;

指定のウォレットや取引所などにRENDトークンを置いておくと、一定割合のRENDトークンが付与されます。
※2018年1月10日に、エアードロップは終了しました。

エアードロップで価格が急騰しましたが、今は価格が低くなっています。
コミュニティが活発で、開発も進んでいるETHLendの価値は上がっています。

ETHLend(LEND)が購入できる取引所

購入するには、取引所バイナンスが便利です。
まずは、取引所のZaifやbitFlyerでビットコイン(BTC)を購入し、取引所バイナンスに送って、ETHLendの(LEND)を購入する流れとなります。

まだ登録がお済みでない方は、こちらからお願いします。

⇒ビットコインは、ここで買えます
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⇒手数料最安Zaif(ザイフ)

⇒(LEND)が購入できる取引所
;

スポンサーリンク