ビットコインのハードフォークはいつ?匿名性を持ったBTCPが誕生!

久しぶりのビットコインのハードフォークのニュースです。

去年の11月あたりはビットコインのハードフォークの嵐でしたが、仮想通貨市場の下落もありすっかり鳴りを潜めていました。
今回のハードフォークは、ビットコインのプライバシーを高めたもので、2月28日にビットコインプライベート(BTCP)が誕生します。

価格が低迷しているタイミングでのハードフォークは、仮想通貨全体の起爆剤となるでしょうか。

スポンサーリンク

ビットコインプライベートとは

ビットコイン(BTC)のハードフォークは、ビットコインキャッシュ(BCH)のようにビットコイン(BTC)から分裂して誕生していました。
今回のビットコインプライベート(BTCP)のハードフォークは今までとちょっとようすが違います。
ビットコイン(BTC)は、プライバシーを守る設計になっていないため、ビットコインプライベート(BTCP)では、匿名性の機能を追加しています。

詳しい特徴
Bitcoin(BTC)とZclassic(ZCL)が同時にハードフォークをすることにより生まれる匿名性を重視した通貨です。
ZclassicはZcashからハードフォークされたコインで、機能的にはZcashと同じです。
「ゼロ知識証明」を取り入れていて、第三者に示さなくともその取引は正しいと証明できる、匿名性(プライバシー性)の高い技術を持っています。

公式からのビットコインやその他フォークコインとの比較表
匿名性以外にも仕様に特徴があります。
ブロック生成時間:2.5分  (ライトコインと同じ)
ブロックサイズ :2M   (ビットコインの2倍)
総発行量    :2100万枚(ビットコインと同じ)

ビットコインのハードフォークはいつ・フォークは2月28日に

2月28日時点でBitcoin(BTC)及びZclassic(ZCL)の保有者に、BitcoinPrivate(BTCP)の保有権利が与えられ約2日後の3月2日に付与されます。
公式ツイート

ビットコイン ハードフォーク 付与 条件

今回のハードフォークは、Bitcoin(BTC)およびZclassic(ZCL)とも、BitcoinPrivate(BTCP)とは、1:1のフォークとなります。

そのため、BitcoinPrivate(BTCP)の配布対象者となるには、2月28日に対応するウォレットか取引所にBitcoin(BTC)またはZclassic(ZCL)を保有していることが条件です。

 

BitcoinPrivate(BTCP)の受け取り方法

<BitcoinPrivate(BTCP)のサポートの声明を出している取引所はまだありません。>

Bitcoin Private公式TwitterのBAINANCE画像のみのツイートです。
チームは何かしら交渉をしていて、意思表示としてBAINANCEの画像を表示していると思われます。
BAINANCEにビットコインを預けておけば、ビットコインプライベートは付与されると思います。
今のうちにバイナンスに口座を開設しておきましょう。

 

<BitcoinPrivate(BTCP)のサポートの声明を出しているウォレットは、Coinomi>

CoinomiWalletはZclassic(ZCL)とBitcoin Private(BTCP)をサポートすると発表しました。
Zclassic(ZCL)をこちらに入れておくと同じ枚数、Bitcoin Private(BTCP)が付与されます。

Zclassic(ZCL)は、どこで購入できますか?

Zclassic(ZCL)の取り扱いをしている取引所はBittrex、CryptopiaCoinExchangeです。
これらの取引所で購入はできますが、今のところBitcoin Private(BTCP)をサポートしていません。

Zclassic(ZCL)の価格

まとめ

今回のフォークはBitcoin(BTC)でもZclassic(ZCL)でもBitcoinPrivate(BTCP)と1:1の付与となりますので、同じ1:1であればZclassic(ZCL)がお得です。
BitcoinPrivate(BTCP)の配布対象者となるには、ウォレットCoinomiWalletか、取引所BAINANCEにてBitcoin(BTC)またはZclassic(ZCL)を保有していることが条件です。

今のうちにバイナンスに口座を開設しておきましょう
;

スポンサーリンク