マイイーサ分裂、新しいブランドMyCryptoが新たに誕生!

EthereumのWalletとして有名なMyEtherWalletが分裂しました。
共同設立者が、新しいブランドとしてMyCryptoを立ち上げました。
突然の動きにMyetherwalletの開発チームは、驚いているようです。


これは、フィッシングでは無いため通報しないで欲しいとツイートしています。
Myetherwalletでは、以前からフィッシング詐欺を狙ったサイトがある為、混乱しないよう呼び掛けています。

スポンサーリンク

Myetherwalletとは

MyEtherWalletとは、イーサリアムのウォレットで、
ICOに参加して、トークンを受け取るために必要なWalletです。
パソコンで管理でき、ウェブウォレットのようにサーバー上に秘密鍵を保存しているわけではないため、サーバーにサイバー攻撃があったとしても秘密鍵が漏洩することがないので安心です。

ICOとは(資金調達法)


仮想通貨のICOは、「Initial Coin Offering」の略でクラウドセール(プレセール)と呼ばれます。
ERC20準拠のイーサリアムトークンを発行し、それを販売することで開発費や研究費を調達します。
※株式を発行し資金を調達するイメージです。

ERC20とは

クラウドセール(プレセール)でICOを行う際に、イーサリアム(ETH)での資金調達は80%近くに及ぶと言われています。
ICOでは、イーサリアムプラットフォームを利用して、新たなサービスを開発する際に新たな通貨を発行します。
その通貨は、イーサリアム(ETH)に対しトークンと呼ばれERC20に準拠しています。
イーサリアムトークンは、ERC20準拠に沿って作られているので、
Ethereumスマートコントラクトの機能を引き継いでいます。


ERC20準拠のトークンを利用する事でMyetherwalletは、様々なトークンを
管理する事ができるようになります。

今回はいきなりの分裂ですが、技術者同士で思想や意見がわかれることは
よくあることです。

新しいウォレット「Mycrypto」も、EthereumとERC20トークンの管理ツールも備えているようです。
MyetherwalletとMycryptoという2つの競合が存在することになりそうです。

イーサリアム(ETH)はどこで買う?

スポンサーリンク