中国の仮想通貨格付けベストテン、EOS(イオス)が連続1位を獲得!

目次

中国の仮想通貨格付けベストテン、EOS(イオス)が連続1位を獲得!

CCID(中国情報産業省電子情報産業発展研究院)が、第3回目となる仮想通貨の格付けランキングを発表したのでまとめました。

アルゼンチンのブエノスアイレスで行われていたG20では、暗号資産(仮想通貨)の起こりうる問題に対策が十分でないことや、暗号資産(仮想通貨)がソブリン通貨(政府並みの信用力を持つ裏付け)の特性を欠いていることが言及されました。
また、FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)に対し、仮想通貨に対する国際基準を10月までに明確化することを要請しました。

そのことにより、特にビットコイン(BTC)がドミナンスの増加とともに値上がりしています。

スマホ対応で移動時間も簡単取引

徹底したセキュリティ対策、リップルが買える。
手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

中国の仮想通貨格付けベストテン

1位:EOS(イオス)
2位:Ethereum(イーサリアム)
3位:Nebulas(ネブラス)
4位:GXChain(ジーエックスチェーン)
5位:NEO(ネオ)
6位:Stellar(ステラ)
7位:Steem(スティーム)
8位:Lisk(リスク)
9位:Waves(ワベス)
10位:Komodo(コモド)

格付けは、技術面、適用範囲、イノベーションの3つのカテゴリーにより評価されています。
それぞれのカテゴリーで最も評価された仮想通貨は、技術面はEOS(イオス)、適用範囲はEthereum(イーサリアム)、イノベーションはBitcoin(BTC)となりました。

Githubのコミット数で仮想通貨の開発状況を把握

GitHubとは、ソフトウェア開発プロジェクトのためのソースコード管理サービスで、多くの仮想通貨のプロジェクトはGithubのサイトで管理され、アップデート回数やグラフで開発プロジェクトのランキングが一目でわかります。
期間毎のコミット数を棒グラフで表示し、どの時期に多く開発が行われたかなどの情報を得られ、ここ一年間のコミット数が多い仮想通貨が上位にランクインされます。
仮想通貨の開発状況を把握するサイトhttps://www.cryptomiso.com/

スポンサーリンク

1位、EOS(イオス)

EOS(イオス)の基本情報

EOS公式サイト:https://eos.io/
EOSホワイトペーパー:https://github.com/EOSIO/Documentation/blob/master/TechnicalWhitePaper.md

EOS(イオス)の概要

EOS(イオス)は、企業の業務サポートの効率化を目的とした仮想通貨です。
Ethereum(イーサリアム)のスマートコントラクトを活用し、分散型アプリケーションを作ることが可能です。
EOS(イオス)は、EOS(ERC-20)から、新たにEOS(イオス)のメインネットに切り替えました。

EOS(イオス)の価格

EOS(イオス)の開発状況

ランキング1位のEOS(イオス)は、Bit-Z(ビットジー)から購入することができます↓

2位、Ethereum(イーサリアム)

Ethereum(イーサリアム)の基本情報

ランキング:2位
運用開始日:2015年
作者   :Vitalik Buterin、Gavin Wood

Ethereum(イーサリアム)の概要

Ethereum(イーサリアム)とは、分散型アプリケーション構築のためのプラットフォームで、企業や銀行などの中央管理者がいなくても自律して稼働する、アプリケーションで、DApps(Decentralized Applications)とも呼ばれます。

Ethereum(イーサリアム)の価格

Ethereum(イーサリアム)の開発状況

3位、Nebulas(ネブラス)

Nebulas(ネブラス)の基本情報

Nebulas公式サイト:https://nebulas.io/
Nebulasホワイトペーパー:https://nebulas.io/docs/NebulasTechnicalWhitepaper.pdf

Nebulas(ネブラス)の概要

Nebulas(ネプラス)は、Googleのような検索エンジンとして、ブロックチェーンの新しい価値を目指した分散型プラットフォームです。
その特徴は「Value Ranking」、「Self-evolving」、「Incentive」の3つです。

Nebulas(ネブラス)の価格

Nebulas(ネブラス)の開発状況

4位、GXChain(ジーエックスチェーン)

GXChain(ジーエックスチェーン)の基本情報

GXChain公式サイト:https://gxs.gxb.io/
GXChainホワイトペーパー:https://github.com/gxchain/whitepaper

GXChain(ジーエックスチェーン)の概要

GXChain(ジーエックスチェーン)は、様々なプラットフォームでリリースされたあらゆる種類の組織間の共有のために設計された、ブロックチェーンベースの分散型データ交換ツールです。

GXChain(ジーエックスチェーン)の価格

GXChain(ジーエックスチェーン)の開発状況

5位、NEO(ネオ)

NEO(ネオ)の基本情報

NEO公式サイト:https://neo.org/
NEOホワイトペーパー:http://docs.neo.org/en-us/

NEO(ネオ)の概要

NEO(ネオ)は、スマートコントラクトを使用してデジタル資産の管理を自動化した「スマートな経済」を実現する非営利のコミュニティベースのブロックチェーンプロジェクトです。

NEO(ネオ)の価格

NEO(ネオ)の開発状況

6位、Stellar(ステラ)

Stellar(ステラ)の基本情報

Stellar公式サイト:https://www.stellar.org/

Stellar(ステラ)の概要

stellar(ステラ)は完全オープンソースの分散型ハイブリッドブロックチェーンです。
支払いを含む、クロスアセットのトランスファーなど価値の移転をを促進するためのインフラストラクチャーです。
国境を超えて、信頼性が高く早く、そして少額でも価値を移転します。

Stellar(ステラ)の価格

Stellar(ステラ)の開発状況

7位、Steem(スティーム)

Steem(スティーム)の基本情報

Steem公式サイト:https://steem.io/
Steemホワイトペーパー:https://steem.io/SteemWhitePaper.pdf

Steem(スティーム)の概要

Steemとは、ブロックチェーンを基盤としたソーシャルメディアプラットフォームです。
ブロックチェーンを使った、新しいソーシャルメディアSteemitへ優良コンテンツを集めることを目的に開発されました。
コンテンツのテキストは、全てブロックチェーン上に保存されています。

Steem(スティーム)の価格

Steem(スティーム)の開発状況

8位、Lisk(リスク)

Lisk(リスク)の基本情報

Lisk公式サイト:https://lisk.io/
Liskホワイトペーパー:https://github.com/slasheks/lisk-whitepaper

Lisk(リスク)の概要

Lisk(リスク)は、2016年初めに稼働を開始した分散型アプリケーション開発プラットフォーム(管理者が不在でもブロックチェーンにより自動で稼働するプラットフォーム)です。
2018年2月20日にリブランディングを行いました。

Lisk(リスク)の価格

Lisk(リスク)の開発状況

9位、Waves(ワベス)

Waves(ワベス)の基本情報

Waves公式サイト:https://wavesplatform.com/

Waves(ワベス)の概要

Waves(ワベス)は資産管理や送金など、非中央集権型取引所がひとつになったプラットフォームです。Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーンのようにWaves(ワベス)は、トークンを発行してICOでの資金調達やクラウドファンディングにも活用することができます。

Waves(ワベス)の価格

Waves(ワベス)の開発状況

10位、Komodo(コモド)

Komodo(コモド)の基本情報

Komodo公式サイト:https://komodoplatform.com/
Komodoホワイトページ:
https://komodoplatform.com/wp-content/uploads/2018/06/Komodo-Whitepaper-June-3.pdf

Komodo(コモド)の概要

Komodo(コモド)は、Waves(ワベス)ように、トークンを発行してICOでの資金調達ができ、DEX(分散型取引所)でもあり、Zcash(ZEC)からフォークした「ゼロ知識証明」の匿名通貨のプラットフォームという特徴もあります。

Komodo(コモド)の価格

Komodo(コモド)の開発状況

中国の仮想通貨格付けベストテンまとめ

メインネットに移行した、EOS(イオス)が前回の仮想通貨格付けに続き連続1位を獲得しました。
そのほかの、3位のNebulas(ネブラス)や4位のGXChain(ジーエックスチェーン)、10位のKomodo(コモド)などと魅力的な仮想通貨にも注目していきたいと思います。

ランキング1位のEOS(イオス)は、Bit-Z(ビットジー)から購入することができます↓

最新のクリプト資産情報を配信
友だち追加

スポンサーリンク