仮想通貨の格付け、今年前半のトップ7とワースト4はこれだ!

仮想通貨の格付け、今年前半のトップ7とワースト4はこれだ!

仮想通貨へ投資をする際には、様々な評価の要素が必要ですが格付けの高さも重要です。
この記事では、格付けによるランキングに焦点を当てて解説しています。

アメリカの独立格付け会社WeissRatings社は、93種類の仮想通貨で構成する仮想通貨格付けランキングを発表しました。
これまでもWeissRatings社は、仮想通貨の格付けランキングの発表をしており、投資の材料として貴重な資料になっています。

スマホ対応で移動時間も簡単取引

徹底したセキュリティ対策、リップルが買える。
手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

仮想通貨の格付けの評価基準は

格付けをしているのは、アメリカ企業のWeissRatings社です。
WeissRatings社は、1971年に創立したアメリカのフロリダ州に本社を持つ格付けをする会社です。
格付けの対象範囲は、アメリカ国内の銀行や上場企業、年金ファンドなどを(A(優秀=excellent)からE(非常に脆弱=very weak)までのでのランクの格付けをしています。

スポンサーリンク

米調査会社Weiss Ratingsが仮想通貨格付けランキングを発表

📈格付けランキングトップ7はこれだ!


B-以上の総合評価格付けトップ7は、ビットコイン(BTC)、カルダノ(ADA)、イオス(EOS)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ステラ(XLM)、トロン(TRX)の7種類の仮想通貨だけでした。

📉格付けランキングワースト4はこれだ!

格付けワースト4は、ビットコインゴールド(BTG)、ビットコインプライベート(BTCP)、エレクトロニウム(ETN)、レッドコイン(RDD)の4種類の取引ボリュームが極めて低く、マイニング攻撃のリスクが高いという仮想通貨でした。

Overall Weiss Rating:総合評価
Technology&Adoption:テクノロジー
Investment Risk$Reward:投資リスク

仮想通貨の格付けで技術力の高い通貨はこれだ!

最も技術的に高度なプロジェクトです。
Ardor (ARDR)
Ark (ARK)
Blocknet (BLOCK)
Cardano (ADA)
EOS(EOS)
Komodo (KMD)
NANO (NANO)
NAV Coin (NAV)
Ontology (ONT)
Stellar (XLM)
Waves (WAVES)
買い増ししていきたい仮想通貨ですね。

仮想通貨の格付け、今年前半のまとめ

今回の仮想通貨の格付けはいかがでしたか。
ご自身が保有している仮想通貨の安全性や将来性を図る指標として、有効なのではと思います。
引き続きこの仮想通貨の格付けや技術力の高い仮想通貨が、どの程度盛り上がっていくのかを見ていくのが良いでしょう。
投資を行うには、しっかりとリサーチすることを徹底することです。

スポンサーリンク