Stellar(ステラ・ルーメン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法

ステラは、リップルの妹分

Stellar Lumens(ステラ・ルーメン)
通貨コード:XLM
公開日  :2014年7月31日
メカニズム:Stellar Consensus Protocol
通貨名  :Stellar Lumens(XLM)
供給量  :102,901,180,739 XLM
公式サイト
公式フォーラム
ホワイトペーパー

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

仮想通貨ステラについてのご紹介です。
仮想通貨ステラは、2014年7月にJed McCaleb(ジェド・マケーレブ)のプロジェクトからリップル(Ripple)をベースに開発されました。

仮想通貨ステラは、発行量に上限を設けていません。
1,000億枚が最初に発行された後、毎年1%ずつ追加発行されるという仕組みになっています。

仮想通貨ステラの価格

仮想通貨ステラ(XLM)の現在価格は、2018年1月1日現在1XLM(約52円)で時価総額9,044億円のランキングは10位です。
2017年9月には1XLM(1円)程度の価格でしたが、リップルととも急成長を見せています。
リップルとの類似性から、価格動向は連動する傾向があるようです。
リップルの価格が上がるとステラの価格も不思議と上がります。

|ステラの価格推移

2014年7月にリリースされてからは、0.2円から0.7円で特に大きな変動もなく推移していました。

仮想通貨ステラは、コンピュータ会社IBM、通貨交換サービスを提供するKlickExと提携し、国境を超えた決済システムを構築するプロジェクトを発表しました。
この発表を受けて価格は上昇しました。

仮想通貨ステラ 個人向けの決済通貨

仮想通貨ステラは、国境を越えた送金や決済に使われる分散型台帳ネットワークで、リップルが主に銀行などの金融機関が対象なのに対し、ステラは個人向けの小口送金や決済の便宜を図る目的で開発されています。

動画解説英語版(1:09秒)

2017年12月17日
カナダ発のメッセージアプリKik(約3億人が利用)は「Kin」と呼ばれる仮想通貨のネットワークをethereumからStellarに移行する予定です。
CEOは「私たちが気に入っているのStellarはアプリケーションのためにカスタムビルドされている」と語っています。

仮想通貨ステラが購入できる取引所

海外では、POLONIEX、BITTREXで購入することができます。

スポンサーリンク