仮想通貨ニュース最新(メルカリ仮想通貨交換業登録、テレグラムICO、バフェット氏の発言)

Bitcoinが160万円台に下降!主要なアルトコイン価格も大幅にダウン!

Bitcon(ビットコイン)をはじめとした主だった仮想通貨の価格が軒並み下降しています。
2018年1月13日現在、ビットコインの価格が160万円台を記録しており、その他のアルトコインも価格を下げています。
寒い日が続いていますが、今週一週間の仮想通貨最新ニュースをお届けします。

20190111

投資の神様バフェット氏が再び仮想通貨を攻撃 「悲惨な最後を迎える」

仮想通貨市場の変動は様々な要因によって起こりますが、その一つに著名人の発言があります。
今まで言っていた事と全く逆の事を言いだしたり、突拍子も無い事を言い仮想通貨市場が大きく変動することがあります。


世界第二位の富豪で伝説的な投資家であるウォーレン・バフェット氏が10日、米CNBCの経済番組の中で仮想通貨について、インタニューに答えました。

「仮想通貨についていえるのは、いつか悪い結末を迎えるということだ。
それがいつどう起こるか等それ以外については分からない。」

一方、アメリカ合衆国の四大銀行の一つであるJPモルガン・チェースのCEOジェームズ・ダイモン氏は昨年、

仮想通貨ビットコインは詐欺であり、所有する者は愚かである
自社のトレーダーが暗号通貨を取引していたら即刻解雇する。
理由は2つで、第一に就業規則違反、第二に間抜けで、いずれも危険だからだ。

と述べ同氏の発言を受けて、ビットコイン価格は大きく下落しました。
しかし最近になってダイモン氏は、「自身のビットコインに対する発言を後悔している」と複数のメディアが報じています。

影響力がある人物の発言は、常に市場参加者の心理に影響を与えています。

 

20180112

米コダック社がICO「コダックコイン」を発表

アメリカ合衆国に本拠を置く世界最大の写真フィルムメーカーである
米コダック社がICOを公式サイトで発表し話題となっています。

KODAKOne platform & KODAKCoin cryptocurrency
同社によると写真家は、著作権管理プラットフォーム「KODAKOne」にて写真家のライセンス保護をし、「KODAKCoin」で使用料を得られるとしています。

肖像権保護を目指すプラットフォームのICOに注目が集まり、コダック社の株価は値上がりしました。

いつからどのようになど、具体的な発表はされていません。
詳細については米コダック社のサイトで確認してください。
KODAKOne platform and KODAKCoin cryptocurrency

20180109

LINE、ビットコインなど仮想通貨での決済導入で協議

無料電話や無料チャットなどを提供する
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手のLINE株式会社は、
仮想通貨を自社の決済サービスへ導入することを複数の関係者が明らかにしました。

20190110

メッセージアプリ「テレグラム」がICOを実施

2億人のユーザーを持つチャットアプリ「Telegram」が巨大ICOの実施を発表しました。
「Telegram」は「LINE」や「Messenger」などのチャットアプリで、現在2億人を超えるユーザーに利用されています。
設立資金は、ICO(Initial Coin Offering)によって調達されます。
プラットフォームの名称は「Telegram Open Network」で、通貨そのものの名称は「Gram」となる予定で、総額は30億~50億ドルにと大規模のICOが実施されます。

20180111

メルカリが仮想通貨決済導入を目指す

日経FinTechの取材によると、
フリマアプリのメルカリが、昨年設立した子会社メルペイを通じて、2018年年内にも仮想通貨交換業登録を目指すことが明らかになりました。
その上で自社がトークンを発行するICO(Initial Coin Offering)にも興味を示しています。

SNSの既存のユーザーの利便性が高まれば、投機対象ではなく仮想通貨が日常的に利用されると思います。
他者企業も間口を広げてくれることを願っています。

 

スポンサーリンク