政府広報 仮想通貨を利用する際の注意点|新聞メディア70紙に広告を掲載

政府広報 仮想通貨を利用する際の注意点|新聞メディア70紙に広告を掲載

内閣府大臣官房政府広報室(政府広報)は17日、仮想通貨を利用する際の注意点を新聞メディア70紙に広告を掲載しました。

政府広報による仮想通貨とは?

■「仮想通貨」とは?(ビットコイン・イーサリアムなど)
1、電子的に記録され、移転できるなどインターネット上で自由にやり取りできるデータです。

2、円やドルといった通貨のように国やその中央銀行によって発行されて、その価値は保証されるものではありません。

政府広報による、利用する際のリスク・注意点

■「仮想通貨」を利用する際のリスク・注意点
1、「価格が急落する」、「突然無価値になる」など大きく損をするおそれがあります。

2、必ず仮想通貨交換業者から説明を受け、取引内容やリスク等をよく理解して取引を行ってください。

3、仮想通貨を利用した詐欺や悪質商法にご注意ください。

参考:政府広報オンライン

円やドルの価値の保証は、賛否両論の意見がありますが、今回の仮想通貨を利用する際の注意点は、仮想通貨を買ったり利用する際には十分気をつけましょうというものです。

スポンサーリンク

政府広報が新聞70紙に広告を掲載

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、日本経済新聞、産経新聞、北海道新聞、東京・中日新聞、西日本新聞、釧路新聞、十勝毎日新聞、苫小牧民報、室蘭民報、函館新聞、東奥日報、陸奥新報、デーリー東北、秋田魁新報、北羽新報、岩手日報、岩手日日、山形新聞、河北新報、福島民報、福島民友、上毛新聞、茨城新聞、下野新聞、千葉日報、神奈川新聞、埼玉新聞、新潟日報、北日本新聞、北國・富山新聞、福井新聞、日刊県民福井、信濃毎日新聞、長野日報、山梨日日新聞、静岡新聞、岐阜新聞、中部経済新聞、市民タイムス、奈良新聞、京都新聞、神戸新聞、伊勢新聞、紀伊民報、山陽新聞、中國新聞、日本海新聞、山陰中央新報、島根日日新聞、山口新聞、宇部日報、四國新聞、愛媛新聞、徳島新聞、高知新聞、佐賀新聞、長崎新聞、大分合同新聞、熊本日日新聞、宮崎日日新聞、夕刊デイリー、南日本新聞、琉球新報、沖縄タイムス、南海日日新聞、八重山毎日新聞、宮古毎日新聞

消費者センターへの仮想通貨の相談


政府広報は以前から仮想通貨について注意を呼び掛けていて、最近では仮想通貨に関するトラブルの相談が国民生活センターなどに寄せられており、消費者相談窓口件数は3年前のおよそ10倍と昨年の2倍以上になっています。
主に取引や勧誘による確実性のないことへの不安や業者や友人知人の勧誘による詐欺被害などの相談が寄せられています。

このようなことから政府広報は、仮想通貨を利用する際の注意点を新聞メディア70紙に広告を掲載しています。

DMMの取り扱い通貨(BTC/ETH/XEM/XRP/LTC/ETC/BCH)

スポンサーリンク