仮想通貨とは わかりやすく

暗号通貨とはそもそも何なのか、ビットコインは何なのか、暗号通貨は投資に向いているのか、暗号通貨の魅力は投資だけではないと様々言われています。

暗号通貨って何

一言でいうと、<インターネット上に存在する電子マネーです。>。
サーバーやネットワーク上で存在するお金を、暗号通貨と呼んでいます。
ゲーム内で保有しているコインやSUICAやEdyも仮想空間の通貨です。
大きな違いは、価格変動率が大きいので、投資の対象になるということです。
英語では「暗号技術」を使った「通貨」なので、(crypto currency)と呼ばれていて、日本では「暗号通貨」または「仮想通貨」と呼ばれてます。

暗号通貨の誕生

始まりはビットコインからで、2008年10月に「サトシ・ナカモト」氏の論文がインターネットに公開され2009年から運用が開始されました。
暗号通貨代表のビットコインは、ドルのような基軸通貨で、それ以外の通貨をアルトコイン(オルトコイン)と呼んでいます。
ビットコインやアルトコインのことを暗号通貨と呼びます。
2017年までには暗号通貨の数が1300種類を超えています。
来年からはさらに暗号通貨の種類も増えていくと予想されます。

暗号通貨の種類

暗号通貨は大きくカレンシータイプ、サービスタイプ、アセットタイプと3つに分けられます。

通貨型(カレンシータイプ)

通貨としての利用用途が主になっているものを指します。
ビットコインが代表各で、ライトコインやドージコイン、国産のモナーコインなどがよく知られています。
その他に、秘匿性に優れたダッシュ、モネロ、シーキャッシュの匿名三兄弟も有名です。

サービス型(サービスタイプ)

サービスを利用するための通貨で、イーサリアムが代表各です。
イーサリアムのネットワーク上で実行するスマートコントラクトを利用するときに、
Gas(燃料)という(利用券)トークンが使われます。

配当型(アセットタイプ)

株式にもっとも近いもので、オーガーが代表格です。
オンラインブックメーカーなどで、胴元がいなくても賭け事や、掛け金の配当を行ないます。
プラットフォームが、稼ぎ配当権利や、投票権利として機能するものです。
これにより同元の取り分が参加者に還元されます。

暗号通貨で投資

暗号通貨は「取引所」というサイトで現金で購入・売却する事ができます。
取引所の入金は、銀行やコンビニから、クレジットカードでも利用可能です。
暗号通貨のトレードをする場合、特にビットコインの価格変動率の高さが挙げられ、価格が上昇すれば、多くの利益を得ることができます。
今後、暗号通貨の市場がさらに盛り上がると予想されるため、大変魅力のある投資対象といえます。

24時間365日取引できる

株やFXなどと違って、平日、土日祝祭日も関係なく取引できるのは、暗号通貨の大きなメリットといえます。

いつでも購入・換金が可能

暗号通貨は、いつでも購入・換金ができます。
原資をビットコインで所持しておくことで、いつでもトレードが可能です。

暗号通貨の積立て

投資やトレードをやったことがない人には、積立てがおすすめです。
投資の世界では、価格変動のリスクを抑える方法として「ドルコスト平均法」というものがあります。
「ビットコインやアルトコインに将来性は感じるけど、ハイリスクな投資は避けたい」という人におすすめです。
取引所のサービスで銀行口座から毎月一定額を引き落としで、ビットコインやアルトコインを購入することができます。

暗号通貨の魅力

投資対象として加熱ぎみにもてはやされる暗号通貨ですが、その核心にあるのは「ブロックチェーン」テクノロジーにあります。
投資対象として見るだけでなく、「ブロックチェーン」テクノロジーに目を向けていくことで、魅力ある新しい世界が訪れることでしょう。

スポンサーリンク