匿名系仮想通貨Verge(ヴァージ)とは|マカフィー砲で価格高騰

名称:ヴァージ(Verge)
リリース日  :2014年10月9日
通貨単位   :XVG
承認システム :Proof of work(POW)
アルゴリズム :(Scrypt・x17・groestl・blake2s・lyra2rev2)
最大供給量  :16,555,000,000 XVG
公式サイト
ホワイトペーパー

ヴァージ(Verge)は、プライバシー重視の分散化された暗号通貨です。
Torやi2Pなどの匿名ネットワークと安全性を支える5つのアルゴリズムを採用しています。
今までに紹介してきた、3つの匿名性の高い通貨、モレロ(Monero)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(Zcash)と何が違うのかを解説していきます。

暗号通貨の中で最もプライベートなものです。(VERGE XVG | Welcome to Verge Currency)(1:31秒)

匿名暗号通貨

ビットコイン(BTC)は、取引内容を全世界に公開していて、いつどこのアドレスからどこのアドレスにいくら送金したかなどが参照可能です
この記録やIPアドレスを元に第三者が、取引金額や口座残高を特定することも可能です。
一方で、企業間の取引や機密性が要求されるビジネスシーンでは、匿名性の高い暗号通貨が必要になってきます。

匿名暗号通貨ファミリーの特色

暗号通貨匿名方法 送金時間  発行上限
DASH ダークセンド 4秒 2200万枚
Monero リング署名、ワンタイムパスワード 2分 1840万枚
Zcash ゼロ知識証明 10分 2100万枚
Verge Tor、i2p 5秒 165億枚

ヴァージ(Verge)解説動画日本語版(2:28秒)

5つのPoWアルゴリズム

ヴァージ(Verge)には、Scrypt・x17・groestl・blake2s・lyra2rev2、計5つのProof of Workアルゴリズムが搭載されています。
これらにより、より高いセキュリティを備えて、ネットワークを安全な状態に保っています。

Torとi2Pによる匿名ネットワーク

ヴァージ(Verge)は、高い匿名性を特徴とした暗号通貨であり、その匿名性を生み出すためにTorとi2Pを採用しています。
Torとi2Pの技術によってトランザクションは匿名となり、ヴァージ経由で取引を行ったユーザーを特定することは困難です。
Tor技術により、ヴァージ(XVG)の送金経路の追跡が不可能となり、匿名性を維持したうえで決済を可能にしています。

ヴァージ(Verge)のコミュニティー活動

メッセージアプリ「Telegram」でヴァージ(XVG)の送受信が可能になりました。

暗号通貨ヴァージ(Verge)の日本公式アカウントです。
Verge Japan 公認キャラクター、バージリスクくんのLINEスタンプが、12/18に発売されました。

ヴァージ(Verge)高騰

ウィルス対策ソフトの創業者マカフィーさんが、匿名通貨をなくすことは出来ないと、モネロ(Monero)やジーキャッシュ(Zcash)と共にバージ(Verge)について言及しています。

ヴァージ(Verge)ウォレット

バージ(Verge)のホームページへ、『ダウンロード』をクリックして下さい。

ヴァージ(Verge)が購入できる取引所

ヴァージ(Verge)は、海外取引所のビットレックス、バイナンスで購入することができます。

スポンサーリンク