ビットコインキャッシュ(BCH)需要広がる

ビットコインキャッシュ ニュース

ビットコインキャッシュは2017年8月1日に、ビットコインからハードフォークによって分裂し誕生した暗号通貨です。
通貨単位はBCHまたはBCCと記載され、総発行枚数は2100万枚やブロック生成時間も10分とビットコインと同じです。
ビットコインと大きく違う所は、「ブロックサイズ」というビットコインの要でもある、取引台帳のデータ容量が8メガバイト(MB)であることと、セグウィット「Segwit」を実装していない部分です。
これにより、ビットコインが抱えているいくつかの課題(送金の遅延や手数料の高騰)を解決することが出来ています。

取引所の取り扱い

当初、ビットコインキャッシュの付与に関する取引所の対応は様々でしが、現在では日本の取引所では、ビットコインキャッシュの取り扱いの対応をしています。
海外の取引所では、当初はビットコインキャッシュのをサポートをしていない取引所もありましたが、消費者の反発を招き対応するようになっています。

ビットコインとの違い

ビットコインは「ソースコード」という仕様書やプログラムのコードが公開(オープンソース)されております。
これにより、新しくビットコインを改良した暗号通貨が作ることができます。
ビットコインキャッシュもビットコインから新しく作られた暗号通貨です。

スケーラビリティ(拡張性)問題という課題

ビットコインはブロックチェーンという取引台帳に、取引を記載する事で取引を成立させています。
その取引台帳は、1メガバイト(MB)というデータの容量が決められています。
取引を10分ごとにブロックという帳簿に書き込み、それをつなげていくことで取引が成立していくというシステムです。
ブロックという箱に、取引のデータを入れていくイメージです。
そのブロックの箱の容量を巡って「スケーラビリティ(拡張性)問題」が起こっています。

現在のビットコインは、1秒間に7つの取引しかできず、またビットコインは1つのブロック「データを入れる箱」を作成するのに約10分と決められています。
そのため、10分間のブロックには、理論上4,200件しかデータを入れることができませんでした。
これらの抱えていた問題を、ビットコインキャッシュはブロックサイズを上げたことで緩和しています。
ビットコインが抱えているスケーラビリティ(拡張性)問題を解決するために、ビットコインキャッシュは誕生しました。

ここ最近では、ビットコイン・ジーザスと呼ばれている、ロジャー・バー氏や、大手マイニンググループを運営するジハン・ウー氏が、ビットコインキャッシュの支援を公表していて、にわかにビットコインキャッシュが価格とともに盛り上がっています。

<12月12日にビットコインキャッシュデビットカードを発表>

ビットコインキャッシュのハードフォーク

ビットコインキャッシュの開発チームは、2018年のロードマップを発表しました。
それによると、2018年に2回(5月15日と11月15日)のハードフォークが予定されています。
ハードフォークで分裂するというより、思想や使用による対立でははないため技術的なアップデートになります。
具体的な内容としては、ビットコインのブロックチェーン上でトークンの発行が可能になったり、8メガバイト(MB)のブロックサイズを更に引き上げる計画があります。

ビットコインキャッシュを扱う主な取引所

日本でビットコインキャッシュは、取引所のコインチェックザイフで購入することができます。

コインチェックは、スマートフォンのアプリもあってとても使いやすいです。
特に仮想通貨初心者の方にもおすすめできる取引所です。

スポンサーリンク