モナコイン(MONA)|特徴・価格・将来性

通貨コード MONA
取引開始日 2013年12月23日
承認アルゴリズム Proof of Work(Lyra2REv2)
発行上限 105,120,000 MONA
ブロック生成サイクル 約90秒
ブロックチェーンURL ブロックチェーンサイト
公式サイト モナコイン公式サイト
総発行枚数 105,120,000枚

MONAコインが使えるショッピングサイト
MONAPPY

モナコイン概要

2ちゃんねるから生まれたモナコインは、日本発であり、日本初でもある仮想通貨です。
モナコインは、掲示板「2ちゃんねる」の「Mr.Watanabe氏」により開発されたました。
有名なアスキーアートの「おまえモナー」がモチーフとなっています。
当初はライトコインの属性を持っていましたが、今では独自の発展を遂げています。
また、コミュニティーで多くのサービスが作らていて、掲示板での質問や回答で得る、ごく少量の投げ銭用に使われたり、グッズ販売に至るまで盛んに活用されています。
暗号通貨が今ほど加熱していない頃から、ホリエモン(堀江貴文氏)もテックビューロ株式会社(Zaif)との関りから、国産のモナコインを盛り上げようと発言していました。
2017年10月から国内大手仮想通貨取引所のビットフライヤーに登場して話題になり、史上最高の価格を更新しました。

MONA動画埋(4分43秒)

<モナコインが使えるところ>

Askmona(アスク・モナ)という掲示板では質問の投稿や質問に答えると投げ銭(チップ)としてモナコインを支払ったり手に入れる事が出来ます。

ark(アーク)

arkは秋葉原のパソコンショップです。
arkではモナコイン以外にもビットコイン決済も対応しています。
リアル店舗もあり、かなりマニアックなPC周辺機器も揃えられます。
⇒ ark公式HP

Monappy

モナーコインのポータルサイトとして、イラスト・漫画などのデジタルコンテンツから、コーヒー豆、ツナ缶、お米などさまざまな商品を取り扱っています。
もちろん決済方法はモナーコインです。
⇒ Monappy公式HP

Bitcoinmall

Bitcoinmallは仮想通貨専用のECサイトで現在はビットコインとモナーコインでのみ決済可能です。
家電製品からキッチン用品、生活家電、スポーツ用品やおもちゃまで扱っています。
⇒ Bitcoinmall公式HP

価格の変動

モナコインは、2014年8月1日に最高値99円を記録しましたが、その後一気に暴落しその後3~5円台をたどることになりました。
2017年4月27日に、世界初となるセグウィット(Segwit)のアクティベートが完了し、このことで「モナコイン」はかなり注目を集めました。
2017年7月16日に、半減期を迎えてマイニングで得られる報酬が半減することになりました。
需要と供給の観点から価格は値上がりします。
このことにより、2017年6月から7月にかけて、過去最高となる価格、99.8円を付けました。
その後は、40~70円台を推移していましが、2017年10月3日にbitfFyer(ビットフライヤー)に上場しました。
その後、10月10日から価格は上りはじめ100円超えました。
それからも勢いが止まらず10月13日の昼には、価格が500円まで高騰しました。
モナコインは約50円で推移していたので一時的に10倍に急騰したことになります。
セグウィット(Segwit)の実装や、半減期を迎えたことにより、国内だけでなく海外ユーザーも注目されています。
現在では、底上げされた価格で値動きをしています。

モナコインが購入できる取引所

モナコインは、取引所のザイフで購入することができます。

スポンサーリンク