ICO Selfkey kucoin 上場|本人認証サービス仮想通貨・特徴や価格について

セルフキー SelfKey
名称    :KEY
公式サイト
selfkey white paper
総発行枚数 :6,000,000,000
売り出し枚数:1,980,000,000

ICO Selfkey kucoin 上場

ICO Selfkeyは2018年1月14日に発売しましたが、たったの11分で売り切れました。
ICO Selfkeyは終了ばしたかりですが、2018年1月15日香港の仮想通貨取引所KuCoinに上場しました。
ICO Selfkeyのトークンセールは24億円($21,780,000)相当の資金を集めました。

ブロックチェイン技術による個人認証

説明動画英語版3:16秒

ICO Selfkeyが11分でSOULDOUT

KYC(Know Your Customer)

運転免許証やパスポートの申請など大変な手間がかかります。
インターネットサービスを利用する際にも、ID、パスワード、認証コードなどの管理することと毎回個人情報を認証させることは非常に面倒になっています。

新規に口座開設やアカウントを申請する場合、氏名、呼び名、住所、電話番号など毎回記入が必要です。
銀行に新規口座を開く際も、銀行から要求される書類手続きなど要件を満たすため、苦労していると思います。

Selfkeyでは、ウォレットで個人情報を管理することにより、本人確認・承認などをする手間を省いてくれます。
パスポート、金融サービスなど個人情報を安全な方法で申請することができます。
Selfkeyは、この手間をワンクリックで、かつ安全に管理する事を目指しています。
すぐに申請できて認証が取れれば、手間が省けてほんとうに助かりますよね。

Selfkeyウォレットで認証

ウォレットに一定量のSelfkeyを入れておき、Webサイトや銀行、カード会社など様々な個人情報を承認させることができます。
承認するには自分と承認先がともにSelfkey(KEY)を持っていることが条件です。

将来性について

Selfkeyは、本人認証や様々なサービスが組み込まれています。
ICO Selfkeyは、11分で売れ切れと人気がある仮想通貨なので、将来が楽しみだと思います。

Selfkeyの購入できる取引所

取引所KuCoin(クーコイン)で購入することができます。
まだ登録されていない方は、こちらを参考にしてください。

<KuCoin(クーコイン)の登録は、画像のリンクからお願いいたします。>



スポンサーリンク