Bibox(ビボックス)取引所で、有望草コインを選定しよう!

人気がでる前の注目マイナー草コインが購入できる

Bibox 取引所 は 2017年11月25日にオープンした中国の仮想通貨取引所です。
新しい取引所にもかかわらず出来高が上がってきて、取引高が世界で28位を推移しています。
取り扱っている仮想通貨が独自のものも多く、先に仕込んでおくことで将来的な値上がりも期待できるかもしれません。

スポンサーリンク

<Biboxは、2018年に躍進が予想される取引所>

bibox 取引所の特徴

binanceやkucoinと同様に独自のトークン(BIX)を発行しています。
<仮想通貨Bibox Tokenのチャート>

Biboxの手数料について

Biboxのトレード手数料は0.1%です。
BittrexやPoloniexのトレード手数料が0.25%である点を考えるとかなりのメリットです。

Biboxトークン(BIX)で手数料が半額

Biboxトークン(BIX)を購入し、手数料の支払いに(BIX)トークンを使用する設定(use BIX for feesをON)にしておけば、トレード手数料は50%値引きされ「0.05%」の手数料でトレードすることが可能です。

Bibox 取引所への上場が早い

大手に上場するほどコインの価格は急騰しています。
Bibox取引所に上場したての価格が安い頃に仕込んでおけば、価格の値上がりが期待できます。
それと同時に、上場廃止になるリスクがあると言うことも覚えておきましょう。

Biboxのみで取り扱いのある草コイン有望銘柄

▼BIX (Bibox Token)約170円

▼AWR (AWARE)約5円
公式サイト
ホワイトペーパー

▼BTO(Bottos)約27円
公式サイト
ホワイトペーパー

▼CAT (BitClave)約10円
公式サイト
ホワイトペーパー

▼HPB(High-Performance Blockchain)約990円
公式サイト
ホワイトペーパー

▼MKR(Maker)約150,900円
公式サイト
ホワイトペーパー

▼MOT (Olympus Lab)約119円
WhitePaper
公式サイト

Bibox 取引所(ビボックス)は銘柄が31種類と豊富

01  AWR  AWARE
02  AMM  MicroMoney
03  BIX  Bibox Token
04  BCH  Bitcoin Cash
05  BTM  Bytom
06  BTO  Bottos
07  BLT  Bloom
08  CMT  CyberMiles
09  CAT  BitClave
10  CAG  Change
11  C20  CRYPTO20
12  ETH  Ethereum
13  ETC  Ethereum Classic
14  EOS  EOS
15  ELF  aelf
16  GTC  Game.com
17  GNX  Genaro Network
18  HPB  High Performance
19  ITC  IoT Chain
20  LTC  Litecoin
21  LEND  ETHLend
22 MANA  Decentraland
23  MKR  Maker
24  MOT  Olympus Labs
25  PRA  ProChain
26  RDN  Raiden Network Token
27 SBTC  Super Bitcoin
28 SHOW  Show
29 SNOV  Snovio
30  TNB  Time New Bank
31  WAX  WAX

 

ビボックス(Bibox)の主な使い方と登録の流れ

<Bibox 取引所の登録は、下記画像のリンクからお願いいたします。>

草コインあります。

31

スポンサーリンク