Bibox 取引所の仮想通貨 BitClave ー新たなWeb広告・分散型検索エンジンBitClaveの概要とサービスについて

仮想通貨 BitClave(CAT)の基礎情報
システム:BitClave
通貨単位 :CAT
オフィシャルサイト
ホワイトペーパー

BitClave 価格

スポンサーリンク

BitClave チャート

BitClave(CAT)とは

BitClaveは、広告サービスの仲介業者を排除し、企業(Business)と顧客(customer)の直接的な関係を
ブロックチェーンで構築します。

BitClaveは、顧客が求めているものを分散型検索エンジンで探し出し、相手先から対価を(CAT)で受け取れるようにした分散型検索エンジンです。

動画説明英語版(0:54秒)

既存の検索エンジン

Googleなどで検索するときには、収益が発生しています。
また、FacebookやAmazonは便利ですが、企業は莫大な広告料を支払うことによって、商品の売り上げや顧客のデータを受け取っています。

ポータルサイトや検索エンジンの企業は、広告料や顧客の求めるニーズに答えます。

これらのことからBitClaveは、企業(Business)と顧客(customer)の直接的な関係を築き上げれば
顧客が報酬を得られるのではと考えました。

BitClaveは、次世代のポータルサイトや検索エンジン企業を目指しています。

BitClaveの特徴

広告料は顧客のために

企業が支払う広告料は、検索エンジンの会社やポータルサイトではありません。
広告料は顧客のために(CAT)は支払われます。

流通する仮想通貨

BitClaveのトークン(CAT)は、個人のアカウントで管理ができ顧客が探している内容や、クリックしたものは、個人のアカウントで管理されます。

ユースケース

車が買いたい


BitClaveで好みの車を検索し、特定のディーラーに自分の好みをオプトインします。
顧客はオファーした特定のディーラーから(CAT)を報酬として受け取ることができます。

住む家を探す


BitClaveで不動産業者を検索し、ニーズを満たす物件をオプトインしたとき、不動産業者から(CAT)を報酬として受け取ることができます。

オプトイン/オプトアウト オプト(opt)は「選択する」という意味の語。 オプトインとは、広告メールの配信や、企業が入手した個人情報の利用などについて、事前に利用者の承諾を得ることを指す。2006/10/06
オプトイン/オプトアウトとは:電子行政用語集:日立
www.hitachi.co.jp/Div/jkk/glossary/0177.html

家や車がほしいと思ったとき、顧客は商品に対する好みの傾向を企業側にオプトインします。
その時対価として(CAT)を報酬として得ることができます。
もちろん買う買わないは顧客の判断で、報酬として得た(CAT)は貯めておくこともでき、買いたいものに使うこともできます。

ロードマップ


BitClaveまとめ

ICOはすでに終了(2017年9月15日から11月14日)
BitClaveは、「広告を見たり」企業にオプトインすることの対価としてトークンである(CAT)を得られるというブロックチェーンです。

BitClaveの買い方

bitclaveは、Bibox 取引所に上場しています。

スポンサーリンク