Bibox 取引所の価格ビジュアル化一覧|仮想通貨市場の落ち込みは、NY株の下落の影響か

NY株の下げ幅過去最大級リーマン・ショックを抜く!

5日のニューヨーク株式市場は大幅に下げています。
前週比1,175.21ドル安と1日の下げ幅としては、リーマン・ショックを抜き過去最高の下げ幅となっています。

マクロ的に見る仮想通貨市場の下落

2日の雇用統計では市場予想を上回る賃金上昇となり、FRB(米連邦準備制度理事会)が景気過熱を抑えるため米長期金利を一時約4年ぶりに年2.85%まで上昇したことから、相場環境が変わった可能性があるとの見方が広がっています。

スポンサーリンク

企業にとっては、賃金や金利が上がることで人件費や返済金が増えます。
企業への影響が株価へ反映されて急落しているのではないでしょうか。
懸念は仮想通貨市場にも広がり、取引所ビットフライヤーのビットコインの価格は60万円台まで下落しています。

仮想通貨市場の視点でみる下落

Tether(テザー)社が発行するUSDTトークンの問題

USDTトークンは、仮想通貨トレードに使用しているアルトコインです。
Tether社が発行しているトークンで、1USDT=1ドルという価値が等価になっているものです。
Tether社がドルを担保にUSDTトークンを発行しているとされていましたが、担保を保有していない疑いがかけられています。
同等のドルを保有していなければ、USDTトークンを無限に発行できるためビットコインの価格操作ができてしまいます。
その不安からビットコインが売られているようです。

580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)の流出問題

仮想通貨取引所コインチェックから1月28日、580億円相当のネム(NEM)がが不正アクセスで流出したことで金融庁が同社に立ち入り検査が入っています。
ここにきてまたあらたに、韓国の国家情報院は5日、コインチェックからの不正流出問題について、北朝鮮のサイバー攻撃による可能性があるとの指摘しました。

中国当局による規制問題

中国当局は、ICO発行や仮想通貨取引所を禁止した政策を一層強化するようです。

仮想通貨市場はどうなの

仮想通貨市場もマイナス材料が次々にでて、冷めきった雰囲気を感じます。
どこかのタイミングで市場も復活するとは思いますが、嵐が去るのを待つしかありません。

Bibox 銘柄31種類

仮想通貨市場は落ち込んでいますが、春の来ない冬はありません。
今のうちに仕込んでおくのも良いかと思います。

Bibox 取引所の銘柄の価格をビジュアルで一覧にしてみました。
10円以下の通貨が8種類もあります。

Bibox 取引所(ビボックス)は銘柄が31種類と豊富

01  AWR  
02  AMM  
03  BIX  
04  BCH  
05  BTM  
06  BTO  
07  BLT  
08  CMT  
09  CAT  
10  CAG  
11  C20  
12  ETH  
13  ETC  
14  EOS  
15  ELF  
16  GTC  
17  GNX  
18  HPB  
19  ITC  

20  LTC  
21  LEND
22 MANA  
23  MKR  
24  MOT  

25  PRA  

26  RDN  
27 SBTC  
28 SHOW  

29 SNOV  
30  TNB  
31  WAX

 

ビボックス(Bibox)の主な使い方と登録の流れ

<Bibox 取引所の登録は、下記画像のリンクからお願いいたします。>

草コインあります。

31

スポンサーリンク