Bibox 取引所に上場・BOTTOS(BTO)とは|仮想通貨 データマイニング・今後の動向

公式サイト
ホワイトペーパー
取引所 Biboxのトークン解説

BOTTOS (BTO)価格

スポンサーリンク

BOTTOS とは

BOTTOS(ボットス)は、2018年1月13日に、Bibox 取引所に上場しました。
BOTTOSは、Blockchain技術に基づく分散型データ共有ネットワークプロトコルです。
世界最大のデータ共有ネットワークを構築しそれを実現することを目指しています。
Blockchainインフラストラクチャ上でのデータ契約とデータマイニングをサポートし、ユーザーがデータ資産を明瞭に資産化するのをサポートします。

データマイニング(英語: Data mining)とは、統計学、パターン認識、人工知能等のデータ解析の技法を大量のデータに網羅的に適用することで知識を取り出す技術のことである。(Wikipedia)

BOTTOS (BTO)チャート

BOTTOS の動向

BOTTOS(BTO)は、AIなどの情報技術分野における活躍が期待されるトークンです。
ICTソリューションのHUAWEIや半導体大手のARMなどが出資しています。
3月にはテストネットワーク、5月にはメインネットワークが開始される予定で今後も注目されています。

英語解説2:03秒

開発サービス

スマート契約ライフサイクル管理

a)開発者がビジネスロジックを含むスマートコントラクトを作成して設計できるようにする。
ビジネスサービスシステムはAPIを通じてBlockchainシステムとやり取りします。
b)創造、呼び出し、アップグレード、破壊を含むスマート契約のライフサイクルを管理する能力を提供する。
c)スマート契約をアップグレードしたり、元のルールに従ってデータを転送する機能を提供する。

スマート契約ポートフォリオサービス

a)既存のスマート契約を1つ以上組み合わせて新しいサービス機能を作成する。
b)Blockchainシステムから複数のサービス機能にアクセスするための統合インターフェースをユーザに提供する。

スマート契約試験サービス

a)Blockchainシステムのコンポーネント機能をテストして、これらの機能が完全に実装されていることを確認する。
b)BlockChainシステムのコンポーネント機能をテストして、これらのコンポーネントのセキュリティと堅牢性を確保する。
c)サービス機能インタフェースの相互運用性を確保する。
d)テストでは、ブロックチェーンシステムのサービス展開ノードをカバーする必要があります。

スマート契約テンプレートサービス

a)スマート契約テンプレートを提供する。
b)一般的なスマートコントラクトテンプレートは、あらかじめ定義されたパラメータを少し変更して生成することができます。

ブロックチェーンAPI

a)安心して「rpc、websocket、Blockchain」システムのさまざまなサービスを呼び出すことができる他のAPIを提供する。

BOTTOSの3つの機能

(1)世界で最も効率的なデータ共有ネットワーク「DataMarket」を当社独自のデータ資産の価格設定メカニズム。
(2)AIモデル共有ネットワーク「ModelMarket」を構築して、AI開発サイクルの効果的な管理。
(3)AIを合理化するためにハードウェア共有ネットワークを実装する製品登録とコミュニケーション。

要するに、3つの機能を組み合わせることによって、AI開発の世界最大規模のネットワークを構築しようとしています。

BOTTOS (BTO)の購入できる取引所

<Bibox 取引所の登録は、下記画像のリンクからお願いいたします。>



草コインあります。

スポンサーリンク