Bibox 銘柄のCPChain(CPC)の特徴・提携先・将来性

Bibox 銘柄のCPChain(CPC)の特徴・提携先・将来性

CPChain(CPC)の公式サイト

CPChain(CPC)のホワイトペーパー

CPChain(CPC)の価格

Bibox銘柄のCPChain(CPC)は、次世代IoT技術の分散型ストレージで、ブロックチェーンテクノロジーと組み合わせたIoTシステムの基本データプラットフォームです。

IoTとはモノのインターネット化で、第4次産業革命のテクノロジーと言われています。
IoT(Internet of Things)として、個人ですぐに購入できるIoTデバイスから、企業が取り組んで産業化にしているものまで幅広く取り組まれています、
様々な活用が進むIoTですが、ここでは個人がネットで購入可能なIoT製品をご紹介します。

IoTデバイス動画1:21秒


leafee mag(リーフィー・マグ)は、スマホで戸締りを確認できるIoTセキュリティ製品です。

スポンサーリンク

Bibox 銘柄のCPChain(CPC)の特徴

IoTは、分散型処理が適しています。
IoTデバイスを使用すると、インターネット経由でデータベースに接続しそれを処理します。
ひとつのデータベースの場合、アクセスが集中すると多大な負荷がかかります。

これを分散型にすると、同時に複数のトランザクションをブロックチェーンで処理することができます。
また、中央管理より分散型は改ざん防止に優れ、コストもおさえることができます。
こうした点からも、IoTとCPChain(CPC)「分散型処理」が適してるといえます。

Bibox 銘柄のCPChain(CPC)は、ブロックチェーンテクノロジーと組み合わせたIoTシステムの基本データプラットフォームを構築し、
プロセスソリューションを提供します。

CPChainに基づくリアルタイムデータフローの応用

共有旅行の適用において関係する3つの関係は、乗客、ドライバーおよび共有旅行サービス契約です。
CPChainに基づく通信システムにより、運転手と乗客は情報を同時に車両アドホックネットワークにブロードキャストします。
セキュアなサイドチェーンコンセンサスアルゴリズムは、高速マッチングと安全なトランザクションを実装します。
旅行サービスはスマートな契約としてブロックチェーンに配備され、運転者と乗客の情報にアクセスし、そのデータはキャッシュに格納されます。
契約内のマッチングアルゴリズムにより、乗客に合った乗り物を見つけることができます。

Bibox 銘柄のCPChain(CPC)の提携先

CPChain(CPC)は、トップクラスのチームに支援されています。

QTUM


CPChainマテリアルチェーンは、QTUM量子チェーンの並列開発に基づいており、基本的なプロトコルとインターネット技術に焦点を当てた技術の研究開発をしています。

Metaverse


Metaverseは正式にCPChainとパートナーシップを締結して以来、両当事者は有利なリソースを統合し、より多くのアプリケーションを実現するために基礎ブロックチェーンアーキテクチャを共同開発し、推進しています。

HPB


CPChainマテリアルチェーンとHPBコアチェーンは、戦略的パートナーシップの確立を発表しました。
High Perfomance Blockchain(HPB)の記事はこちら

Bibox 銘柄のCPChain(CPC)の将来性

ロードマップ

ロードマップによれば、2020年までに次世代IoT技術のデータプラットフォームとして、プロセスソリューションが提供されます。

Bibox 銘柄のCPChain(CPC)のまとめ

次世代IoT技術の分散型ストレージとCPChain(CPC)は適してるといえます。
CPChain(CPC)は価格もまだ安く、Biboxでしか取り扱っていない銘柄なので、今後期待がもてる銘柄だと思います。

Bibox 銘柄のCPChain(CPC)ここで買えます

Bibox取引所の口座開設記事←
Bibox取引所の口座開設はこちらから↓

スポンサーリンク