Coincheck(コインチェック)ネム「nem」被害者の救済決定!|日本円で返金へ敏速な対応

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

仮想通貨取引所大手の「コインチェック」(東京都渋谷区)が26日、不正アクセスにより時価約580億円相当の仮想通貨「nem」が外部に流出しました。
外部のネットワークとつながる状態での不十分な管理が不正アクセスの標的になったようです。

同社によると、26日午前3時頃から複数回にわたり、ほぼ全額の「nem」が引き出されました。
「nem」の保管について、外部から遮断された状態ではなかったとしています。
その理由について大塚雄介取締役は、「技術的な難しさと人材不足」と説明しました。

NEM(ネム)被害者の救済決定!|日本円で返金へ敏速な対応

Coincheck PRESS

総額   : 5億2300万XEM

保有者数 : 約26万人

補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。

算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考。

算出期間 : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)

補償金額 : 88.549円×保有数

補償時期等: 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

ネム財団が流失した「nem」の追跡プログラムを開始

ネム財団副代表のJeff McDonald氏へのインタビュー動画(27:01秒)


今回のコインチェックの流出への対応について、ハードフォークは否定しました。
技術的にはコールドウォレット「ネットから切り離した運用」とマルチシグ「複数の秘密鍵の使用」があれば防げた可能性が高いと指摘しています。

5億2300万の「nem」を使えなくする追跡プログラムの開始により、ネム(nem)が再評価され価格が上昇しています。


ネムの価格

ネム財団が流失した「nem」の追跡プログラムを開始しました。

取引所Zaifで、ネムの売買ができます。

スポンサーリンク