COMSAトークンとは?日本で売買できるのは、取引所Zaif(ザイフ)のみ

記号  :CMS(ETH,NEM)
公開日 :2017年11月
取り扱い:Zaif(ザイフ)取引所
ロードマップ

テックビューロ株式会社が、企業のブロックチェーン導入を支援するICOソリューション「COMSA(コムサ)」を2017年10月初旬から開始し、取引所Zaif(ザイフ)へ上場させています。
企業に仮想通貨を発行させ、資金調達を手助けしていくというビジネスプランです。

COMSA(コムサ)とは

・COMSA(コムサ)は企業のICOによる資金調達
・既存アセットのトークン化技術
・mijin(ミジン)のプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術
これらをワンストップのソリューションとして提供し、ビジネスへの導入を一からサポートするサービスです。

COMSA(コムサ)ICOの説明動画(2:54秒)

COMSA(コムサ)のICO調達額は109億円


COMSA(コムサ)でのICO案件の調達額は109億円でした。
半数が海外からの資金のようです。(現在ICOは終了)

COMSA(コムサ)COMSAトークンの機能

COMSA(コムサ)は、複数のブロックチェーン間のゲートウェイとなるプラットフォームです。
COMSA(コムサ)は、ICOを実施したい企業のための「ICOプラットフォーム」として機能します。

Zaif(ザイフ)でのICO第一号COMSAトークン

テックビューロ社はCOMSAプロジェクトの第1弾として自社のトークンを開始しています。


COMSA(コムサ)のICOに参加した人はERC20、Mosaicのどちらかでトークンを受け取ることができます。(現在ICOは終了)
日本の取引所Zaif(ザイフ)で購入することができます。

スポンサーリンク