FreakStreamのICO、ライブ配信のオタク文化が非常に熱い

FreakStreamのICO、ライブ配信のオタク文化が非常に熱い

本日は、オタク文化にフォーカスしたコンテンツ配信のプロジェクト、FreakStreamのICOのご紹介です。

今なら事前登録するだけで10$分のFreakStreamのトークンが100(XFS)に加え、LINEで友達申請をするとさらに6$分(60XFS)のエアドロップがもらえます!
FreakStreamのICOのエアドロップが約1750円分もらえるので、もらえるものはしっかりもらっておきましょう!

FreakStreamのICOの事前登録はこちらから↓

スマホ対応で移動時間も簡単取引

徹底したセキュリティ対策、リップルが買える。
手数料が無料、LINEサポート24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

FreakStreamのICOの概要

FreakStreamのICOの概要についての説明です。

FreakStreamはオタク文化にフォーカスしたプロジェクトです。
オタク文化とは、80年代のサブカルチャー(サブカル)漫画、アニメ、ゲームなど独自の信条を持つ人々の文化の流れで、それらに加えアイドル、フィギア、コスプレ、ボーカロイド等好きの人たちの文化をオタク文化といいいます。

FreakStreamのICOのプロジェクトがどのようなものなのかは、こちらの映像をご覧ください。
FreakStreamの説明動画、字幕付き(2分12秒)

FreakStreamの紹介動画の内容で、独自のコンセンサスアルゴリズムを使用しているとありました。
詳しくはFreakStreamのホワイトペーパーを読んでいただければよいですが、この動画で雰囲気的に内容がわかるのではないかと思います。

スポンサーリンク

FreakStreamのICOの動画配信プラットフォーム

現在では、動画配信サービスの成熟により、コンテンツ動画を簡単に配信することができるようになりました。
現代社会において、YoutubeやFacebook、USTREAM等のコンテンツの配信は1つのオタク文化では必要不可欠になっています。

このような動画配信のプラットフォームをブロックチェーン技術で提供するのが、FreakStreamのICOのプロジェクトです。

FreakStreamのICOのプラットフォーム系への期待

既存の動画配信サービスの課題

・手数料が高い
・コンテンツがプラットフォームに依存している
・通信環境により動画配信の閲覧ができない

既存のプラットフォームでは、コンテンツを配信しそれに対する対価を受け取るとき、プラットフォームを提供している会社に何割かを徴収されます。
また、配信する動画はYoutubeのサーバーが所有しているので、コンテンツが突然削除され動画が見れなくなります。
Youtubeのサーバーが込み合うと動画が途切れ途切れになったり、渦巻き表示が続き閲覧できないときがあります。

コンセンサスアルゴリズム(PoA)で解決

これらの動画配信サービスの課題をFreakStreamは、独自のコンセンサスアルゴリズム(PoA)で解決します。
・分散ファイルシステムにより、コンテンツ動画は分散された状態にあり、特定のサーバに集中管理されません。
・コンテンツアドレッシング起点となる特定のサーバが存在せず、高速なルーティングが可能です。
・サーバとの距離やネットワークの負荷に依存することもなく、誰もが快適なストリーミングサービスを体感できるようになります。

以上のことから運営側の維持費が抑えられ、その分のコンテンツ配信者のロイヤリティーのパーセンテージは多く還元されます。
また、コンテンツ配信者のモチベーションの向上にも繋がります。

FreakStreamのトークン(XFS)の用途について

FreakStreamが発行するトークン(XFS)は、動画配信に対し視聴者が配信者に支払う対価(投げ銭)で使われます。
ライブ配信アプリ17Live(イチナナ)では、ギフト(投げ銭)と呼ばれる視聴者から17ライバーへ、お金を贈れる仕組みによって報酬を得られるようになっています。

FreakStreamのトークン(XFS)を17Liveの投げ銭のやり取りに例えると、イメージしやすいと思います。
ライブ配信アプリ「17Live」の特徴(3:00分)

視聴者からライバー(コンテンツ配信者)への「投げ銭」は、1ポイント=約1円で、17Live運営側とライバーで分配されます。
コンテンツ配信者のロイヤリティーは、約13%と言われています。(ほんとうに?)
ちなみに、 17Live(イチナナ)人気女性ライバーは月に500万円の収入があるそうです。

この「投げ銭」のやり取りに、FreakStreamのトークン(XFS)が使われるのであれば、運営側のコストは削減され、コンテンツ配信者の取り分が飛躍的に多くなりますよね。
今後FreakStreamのプラットフォームが稼働すれば、FreakStreamのトークン(XFS)の流通量も多くなり
それに合わせて価値も上昇するのではないでしょうか。

FreakStreamのICOのスケジュールについて

現在では事前登録の受付中で、正式なFreakStreamのICOは7月1日からです。

今後のFreakStreamのICOのスケジュールについては、追記していきますので、まずは10$(100XFS)分のエアドロップとLINEの友達申請でさらに6$分(60XFS)を受け取っておきましょう。

FreakStreamのICOの事前登録はこちらから↓

スポンサーリンク