Fuzex、仮想通貨の大規模イベント『Consensus2018』に参加!

スマホ対応で移動時間も簡単取引

手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

Fuzex、仮想通貨の大規模イベント『Consensus2018』に参加!

世界最大規模のブロックチェーンイベント『Consensus2018』の会議が始まりました。
5月14日にニューヨークで始まる『Consensus2018』会議は、7,000名近い参加が予想され動向を世界が注目しています。

昨年の『Consensus2017』には2,700名の来場者が訪れたそうですが、今年はさらに上回る7,000名近い来場者が予想されます。
来場者の中には投資家や企業トップ、開発者、政府・金融機関の代表者も来場予定で、昨年を大幅に超えるスケールとなっています。
参加費用が約20万円とかなりお高い価格ですが、それだけに世界中から注目が集えり仮想通貨市場にも影響があるイベントです。

仮想通貨の大規模イベント『Consensus2018』

場所:アメリカニューヨーク・ヒルトンミッドタウン
開催日程:2018年5月14日~5月16日
主催:コインデスク(CoinDesk)
協賛:100社以上
公式サイト:https://www.coindesk.com/events/consensus-2018/

開催地は世界経済の中心地、ニューヨークのミッドタウンにあるヒルトンで行われます。
ミッドタウン、ヒルトン、セレブな響きですね。

WATCH THE CONSENSUS 2017 PLAYBACK(23:23s)

『Consensus2018』は、仮想通貨の価格に影響

『Consensus2018』は、世界中から注目が集まる仮想通貨のイベントです。
今年4回目を迎えるイベントですが、開催直後に毎年ビットコインの価格が上がっているということでも注目されています。
また、イベントで新たな発表を行った仮想通貨企業のトークンはそれに伴い、大きく価値を上昇させてきました。

Fuzexも仮想通貨の大規模イベント『Consensus2018』に参加!

今回の『Consensus2018』で、その価値が高い仮想通貨企業が一つあります。
Fuzex(FXT)は、既に取引所への上場も終了していて、どなたでもトークンの購入が可能な仮想通貨です。
しかもまだプレセールからそこまで大きく価値が上昇していません。

Fuzex(FXT)の価格

Fuzex(FXT)は、ビットコインを始めとする仮想通貨を一つのカードに保存し、ウォレットの役割を果たしながらデビットカードのように使用することが出来るという次世代型のサービスを行うカードです。

クールなFuzeX Card


このFuzeXカードが1枚あれば、財布やクレジットカード、スマートフォンを持ち歩かずも買い物ができるようになります。
FuzeXカードに対しては既に各方面から多くの需要があり、大きなポテンシャルを秘めている仮想通貨企業でもあります。
Fuzexは仮想通貨の大規模イベント『Consensus2018』参加が決まっているので、もしかすると大きな発表の可能性があります。
今後も、Fuzexの仮想通貨に注目です。

Fuzex、仮想通貨の大規模イベントのまとめ

ビットコインやアルトコインの仮想通貨の相場は低迷していますがすでに世界最大の仮想通貨会議のひとつ、『Consensus2018』による価格高騰がここ数年以上に期待されています。
そんな中、FuzeXの仮想通貨の今後のプロジェクト展開やFuzeX(FXT)がどのように価値を上げていくか注目です。

5月10日には4つの取引所にFuzeX(FXT)は上場をしました。
価格は少しづつ上昇してますが、『Consensus2018』への参加で更なる期待が高まります。
FuzeX(FXT)トークンの購入方法や詳細などは、「FuzeXが上場決定!FuzeXのICOは5/10に4つの取引所へ」で詳しく書いてあります。

是非ともこちらをご覧下さい!!

スポンサーリンク