JobCoinのICO、上場先と提携先カルダノADAについて

JobCoinのICO、上場先と提携先カルダノADAについて

2018年6月21日更新
JobCoin(ジョブコイン)の公式から進歩状況のお知らせがありました。
プライベートセールで販売されていたJobCoin(ジョブコイン)の一般向けのICOの販売は中止となりました。
JobCoin(ジョブコイン)は、海外で一般向けのICOの販売が行われる予定でしたが、プライベートセールで十分な資金を調達したためICOを行う必要が無くなり中止となりました。
一般向けのJobCoin(ジョブコイン)のICOの購入を予定して人達は、残念ながら買いたくても買えません。
JobCoin(ジョブコイン)は、セキュアボルト(Securvault)に上場すれば購入することができます。

2018年6月25日更新
JobCoin(ジョブコイン)全国ミートアップ開催されます。
参加費は無料で、特典もあります。
JobCoin(ジョブコイン)全国ミートアップ開催の記事はこちら

スマホ対応で移動時間も簡単取引

徹底したセキュリティ対策、リップルが買える。
手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

 

今回は、JobCoinのICOの上場先と提携先カルダノADAとの関係、プレセールでの購入についてです。
JobCoinのICOは、日本オラクル元社長の小泉氏がメインとなって開発された「従業員への給与前払いプロジェクト」のことです。

基盤となる「給与前払いシステム」のプロダクツは、日本での特許も取得し既に企業で使われています。
また、カルダノADAのプラットフォームとJobCoinのICOの連携に加え、JobCoinのICOの上場先がセキュアボルト(SecureVault)になることで、今後ビックリ的な事になるようです。

JobCoinのICOの上場先セキュアボルト(SecureVault)

上場先のセキュアボルト(Securvault)は、近々オープンです。既に開始しています。

JobCoinのICOで購入するか、セキュアボルト(SecureVault)に上場してから購入するかですね。

JobCoinのICO・要素と機能と期待

1) 強固な開発体制

JobCoinは、世界的に著名な経営陣を揃えています。
日本オラクル元社長の小泉氏がメインボードメンバーで、技術の中核にはセントラリティ(CENNZ)のコアメンバーも入ります。

2) 既に稼働のプロダクト

基幹となる給与前払いシステムは既に多くの大企業で使われ、日本での特許も取得しています。

3)世界に広がる膨大な市場

JobCoinは世界中の労働者が従事する企業、雇用主から受け取るインセンティブトークンにもなります。
JobCoinはスマートフォンを通じた決済インフラとしてJobCoin&デビットカードの普及を目指します。

既にプロダクトが完成していて、取引所に上場もとれ、価格上昇をする理由を兼ね備えています。

JobCoinのICO CROWDにも掲載!

JobCoinのICOの特集がICO CROWDという雑誌でされています。

ICO CROWDは4月創刊のICO専門誌です。
ICOの他、仮想通貨全般の専門誌ですが、ICO CROWDの創刊号でJobCoinのICOが特集され注目を集めているというのがよくわかります。

バックナンバーのお申込みはこちら↓
ICOの雑誌『ICO CROWD』の最新号、バックナンバーお申込み

年間購読のお申込みはこちら↓
ICOの雑誌『ICO CROWD』の年間購読お申込み
お申し込みの支払いは、クレジット払い(PayPal)か「銀行振込」が可能です。

JobCoinのICO提携先カルダノADAについて

JobCoinは現在イーサリアムのプラットフォーム上で稼働していますが、スケーラビティの問題を含め、いくつかの制約が存在するため、安定性やトランザックッション処理能力が高いとされるカルダノプラットフォームに移行する計画をしています。

JobCoinの仕組みについて

企業側がjobcoinを勤怠のシステムとして導入すると、給与の支給から決済までの連携が可能になります。
これにより従業員は働いた分のjobcoinを受け取ることができます。

企業側は、給料の支給日に天引きした分が返済されるので、先払いをすることができます。
企業側としては、給与支給日に働いた分の給与を支払うだけなので今までと何ら変わることが無く負担にもなりません。

企業側と従業員側のメリット

企業側
・従業員定着率アップ
・雇用促進に繋がる
従業員側
・働いた分の賃金が即日受け取れる

このような双方にメリットがあるのがjobcoinです。

JobCoinのカードが支給されると、デビットカードでの支払いやATMから現金の引き出ができるようになります。

JobCoinの将来性について

・JobCoinのICOの上場先がセキュアボルト(SecureVault)に決定しています。
・給与前払いシステムは既に多くの大企業で使われ、特許も取得しています。
・企業がJobCoinのシステムを導入することでJobCoinを購入するため、継続して価格が上昇する仕組みは出来上がります。
・世界中の4,000店舗ですでに仮想通貨が使用できるデビットカードと連動し、JobCoinは決済基軸通貨となります。

▼LINE@で、お得な情報配信中▼
友だち追加

スポンサーリンク