Ripple(リップル)社、提携先が多く著名人の発言で少し元気!

Ripple(リップル)社、提携先が多く著名人の発言で少し元気!

Ripple(リップル)社は、提携先が多く著名人の発言など好材料続出で少し元気ですね!

米国の元大統領ビル・クリントン氏が、Ripple(リップル)社のSwell(スウェル)で基調講演を行うと表明したことや、Ripple(リップル)基軸の(XRP)のDCEX取引所の登場などが関係していると思われます。
Ripple(リップル)は、今年の1月に400円台まで上昇しその後は他のアルトコインと共に下落して、現在は48円ほどの価格です。

スマホ対応で移動時間も簡単取引

徹底したセキュリティ対策、リップルが買える。
手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

Ripple(リップル)社(XRP)の最新ニュース

・Ripple(リップル)社の四半期決算報告
・Swell(スウェル)でクリントン元大統領が基調講演を行う
・ジョニー・デップがリップル(XRP)長者役で伝記映画に出演?
・ロジャー・バー氏がリップル(XRP)を誤解していたと謝罪
・Ripple(リップル)社、マドンナ基金と提携しマラウィの子どもを救う
・世界初Ripple(リップル)基軸の(XRP)のDCEXが誕生

Ripple(リップル)社の四半期決算報告

Ripple(リップル)社の四半期決算報告によると、地中海にある暗号アセット天国のマルタ共和国が、韓国の取引量を超えて(XRP)の取引量が一位となりました。

Coindoo(@bycoindoo)2018年8月1日

Ripple’s latest quarterly report displays some very interesting data. In short, the report confirms that Malta has surpassed South Korea as the leading country for @Ripple #trading. Coindoo (@bycoindoo) August 1, 2018

Swell(スウェル)でクリントン元大統領が基調講演を行う

Ripple(リップル)社主催のスウェル(Swell)の場で、ビル・クリントン元米大統領が基調講演を行います。
Swell(スウェル)は、Ripple(リップル)社が開催し、仮想通貨やブロックチェーンテクノロジーをどのようにして、社会に役立てることができるかを議論する会議です。
2018年10月1日(月)〜10月2日(火)にアメリカ・サンフランシスコで開催が予定されています。

インターネットの普及に尽力したクリントン元大統領が、スウェル(Swell)の基調講演で、仮想通貨やブロックチェーンに関してどのような見解を述べるのでしょうか。

ジョニー・デップがリップル(XRP)長者役で伝記映画に出演?

Ripple(リップル)への投資で約960〜1070億円(フォーブスは9億ドルから10億ドルと算定)を稼ぎ出した、マシュー・メロン氏の伝記映画が企画されているということです。

米国モルガン財閥やロックフェラー財閥と並ぶ名門のメロン財閥ファミリー出身のマシュー・メロン氏は、薬物依存や離婚など波乱に富んだ人生を送り、今年の4月16日メキシコのカンクンで死去しました。

ロジャー・バー氏がリップル(XRP)を誤解していたと謝罪

Bitcoin.comのCEOの「ビットコインジーザス」Roger Ver(ロジャー・バー)氏が、Ripple(リップル)のXRP Ledgerにはアカウントの凍結、及び資金の封鎖する機能が実装されていることについて、誤解していた正式に謝罪しました。

Ripple(リップル)社、マドンナ基金と提携しマラウィの子どもを救う

米人気歌手のマドンナが、アフリカ南東部マラウイ共和国の子供たちのために、募金キャンペーンを実施しています。
募金は、7月30日~8月31日まで行われる予定です。
RAISING MALAWI http://www.raisingmalawi.org/#home

マドンナの育成基金であるマラウイを援助するこの募金活動は、7月30日から8月31日まで実行され、手数料なしのFacebookの慈善寄付ツールを利用しており、寄付金の100%は、マラウィの募金活動をRaising MalawiのHome of Hope地方のマラウイの必要性の高い地域では、また、国際的な支払い会社リップルは、マドンナの募金にすべての寄付を合わせると発表した。

知っておきたいマラウィ共和国

アフリカ大陸南東部に位置するマラウィ共和国は、森林やサバンナ、マラウィ湖に覆われていて、主要産業を農業に頼っているマラウィ経済はとても脆弱になっています。
人口の約80%の人々が農作業に従事しているため、2007年度の貧困率が約70%にも達していました。

世界初Ripple(リップル)基軸の(XRP)のDCEXが誕生

DCEXは2018年7月31日、Ripple(リップル)のXRPを唯一基準通貨とする新しい取引所を登録中であると発表しました。
Ripple(リップル)のXRPを基準通貨とする取引所は世界で初となるもので、仮想通貨市場に注目されている。
Ripple(リップル)のXRPのトランザクションは、4秒で完了するので他の取引所よりも、資金決済のスピード面においてとても有利です。

Ripple(リップル)少し元気のまとめ

日本でも大人気のRipple(リップル)ですが、著名人の発言や提携先など好材料続出で、少し元気なようですね。
Ripple(リップル)は 「価値のインターネット化」を目指していて、銀行など金融機関がRipple(リップル)の実用化に向けて実験を繰り返しています。

▼LINE@で、お得な情報配信中▼
友だち追加

スポンサーリンク