仮想通貨Steem(スチーム)|コミュニティサイトへの投稿・投票で報酬が入る

発行日   :2016年3月24日
通貨単位  :Steem(STEEM)
供給量   :250,547,014 STEEM
承認システム:Proof of Work(Equihash)
公式サイト
ホワイトペーパー
公式フォーラム
CoinMarketCap(チャート)

STEEMの価格

STEEMの特徴

Steemはブロックチェーンを使った、ソーシャルメディアのプラットフォームです。
3つの異なった通貨があり、それらはソーシャルメディア(Steemit)内で、異なる役割を果たします。
steemの時価総額は、1,815億円(2018年1月5日)です。

steem 仮想通貨 チャート

3種類の通貨の説明

1.Steem

Steemのソーシャルメディア内の最も基本的な仮想通貨です。
他の2つの通貨の価値はこのSTEEMによって支えられています。
STEEMは、Steemブロックチェーンの基本的な単位で、Steemit内でベースとなる暗号通貨です。

2.Steem Power(SP)

「Steem Power」は、Sttemitに投稿者(クリエーター)した人と評価者(キュレーター)した人に支払われる報酬です。
支払われる報酬の50%がSPで支払われますが、市場では流通できません。
法定通貨に変えたい場合は、「Steem Dollars」に変換することになります。

3.Steem Dollars (SD)

「Steem Dollars」 は、Steemから変換できる通貨です。
Sttemitを利用して貰える報酬の50%は「Steem Power」、残りの50%は「Steem Dollars」で支払われます。
Steemと同様に取引所での売買や他人への送金もできます。

コミュニティサイトへの投稿で稼げる仕組み(動画2:06秒)

報酬がもらえるSteemit(スティミット)

Steemitは、コンテンツの「投稿」と読者による「投票」で、収益を上げる機会を提供しています。
ブログ記事を書くだけで、報酬がもらえるというものです。

様々なソーシャルメディア企業は、ユーザーが作成したコンテンツによってその価値を創出しています。
これらの企業は、コンテンツに対して報酬を払う事はありません。
Steemitのユーザーは、投稿された記事(投稿)が多くのコメント(投票)により評価を受け報酬を得る事ができます。

Steemitでは、小額からの支払い(マイクロペイメント)が可能な為、良い記事に対して報酬を払うことができます。
またSteemitは、Steemのブロックチェーンをベースとすることで、全投稿履歴を改ざんすることを難しくしています。

Steemが購入できる取引所

国内の取引所では、まだ購入することが出来ません。

BITTREXで購入することが出来ます。

スポンサーリンク