TRON(TRX)がメインネット移行、Bittorrentを買収!

TRON(TRX)がメインネット移行、Bittorrentを買収!

時価総額10位の仮想通貨TRON(TRX)は、イーサリアムネットワークから独自のブロックチェーンへ移行し、6月25日にメインネットをローンチしました。
TRON財団は、メインネットへの移行「独立記念日」を記念して約45億円相当10億TRON(TRX)をバーン(破棄)することを発表しました。

TRON(TRX)のメインネットへの移行「独立記念日」

TRON財団は、6月25日のメインネットへの移行をTRON(TRX)の「独立記念日」と呼んでいます。
TRON(TRX)の創設者であるJustin Sun氏は、Twitterで「独立記念日」を発表しています。

TRON(TRX)の開発者らは、TRON(TRX)のネットワークがイーサリアムのネットワークよりも「400倍速い」と主張していますが真価が問われるところです。

スマホ対応で移動時間も簡単取引

徹底したセキュリティ対策、リップルが買える。
手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

TRON(TRX)とは

TRON(TRX)は、2017年8月に誕生した次世代のエンタメのコンテンツプラットフォームです。

エンタメ業界に特化した仮想通貨として Justin Sun氏が創業し、シンガポールの「TRON財団」が開発しました。
ビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)のような支払い手段を目的とした通貨とは異なり、TRON(TRX)を使ってデジタルコンテンツ製作者とユーザーをつなぎ合わせることを目的としたプラットフォームです。

TRON(TRX)トロンの詳細
通貨名    :TRON(TRX)
公開日    :2017年8月28日
最大発行枚数 :1,000億TRON(TRX)
公式サイト  :https://tron.network/en.html

TRON(TRX)はBINANCE(バイナンス)で購入することが出来ます。

TRON(トロン)の創業者はJustin Sun(ジャスティン・サン)です。
経済誌フォーブスに取り上げられたこともある、とてもカッコイイ人です。

スポンサーリンク

スキャムやらコピペやらと何かと話題のTRON(TRX)

他のホワートペーパーをコピペ(コピー&ペースト)しただの中身が無いなどと
散々インフルエンサーなどから叩かれました。
中身は無くてもマーケティングで上がる典型例だとも言われています。
そんな話題のTRON(TRX)は、時価総額10位の仮想通貨で、イーサリアムネットワークから独自のブロックチェーンへ移行しました。

TRON(TRX)創設者がBittorrentを買収

先週、TRON(TRX)の創設者Justin Sun(ジャスティン・サン)がP2Pファイルシェアリングサービスを提供する、Bittorrent(ビットトレント)社を買収したと報じました。
現在買収額などの金銭的な情報は公開されていません。

Bittorrent(ビットトレント)社とは

Bittorrent(ビットトレント)は、ファイル共有を高速化するための通信プロトコルおよびファイル共有ソフトです。
主要なフリーソフトウェアやオープンソースソフトウェアのほか、音楽や映画、商用アプリケーションを提供するためにBittorrent(ビットトレント)が利用されています。

メインネット移行で10億TRON(TRX)をバーン!

バーン(Burn)「焼却」とは、保有する仮想通貨を焼却して通貨の希少価値を上げることをいいます。
TRON財団は、TRON(TRX)のメインネット移行に合わせて、10億枚のTRON(TRX)をバーン(Burn)すると発表しました。

現在のレートで(約45億円)に相当する10億のTRON(TRX)のバーン(Burn)を行います。
これによりメインネットがローンチされる際のTRON(TRX)の量は 1000億枚から990億枚に減らされることになり、TRON財団が保有する残りのTRON(TRX)は、2020年の1月1日までロックされたままになるようです。

TRON(TRX)のメインネット移行まとめ

このように、TRON(TRX)は、独自のメインネットへの移行した「独立記念日」に10億TRON(TRX)をバーン(Burn)し、TRON(TRX)創設者がBittorrentを買収とTRON(TRX)は具体的な段階を経て進んでいます。
また、EOS(イオス)のメインネット移行も記憶に新しいところですが、Ontology(オントロジー)のメインネット移行も予定されていて、独自のメインネットへ移行したTRON(TRX)の今後の発展にも注目です。

スポンサーリンク