WithCoin終了のお知らせ、運営が諦めたので終了ですか?!

WithCoin終了のお知らせ、運営が諦めたので終了ですか?!

開発者を名乗る松山光市氏によるWithCoinのICOの宣伝動画が、SNSで拡散され盛り上がっていました。
松山光市氏は、魅力的なセールスポイントを列挙していまたが、それらの大半が嘘であったことが発覚しました。

松山光市氏に関する集団訴訟

今回の売買契約は無効であり、WithCoin(ウィズコイン)の返却と引き換えに当時のレートでの日本円の返金を求める5集団起訴が起こっています。

「WithCoin(ウィズコイン)松山光市氏に関する集団訴訟」の被害額が約19.5億円とかなりの金額です。

スポンサーリンク

スマホ対応で移動時間も簡単取引

徹底したセキュリティ対策、リップルが買える。
手数料が無料、LINE_受付時間24時間365日。
レバレッジ5倍で追証なし、スマホ完全対応。

松山光市氏の魅力的なセールスポイント

WithCoin(ウィズコイン)とは?

WithCoin(ウィズコイン)は、中国の取引所で上場予定で、オンラインカジノでの送金専用で開発されたコインで、ブロックチェーン技術を用いて送金技術も高い通貨です。

オカダマニラを初めとしたフィリピンの複数のカジノとの提携も確定している。
★ビットコインを初めとして、仮想通貨はオカダマニラで使用できません。

☆5月30日に、BINANCEへの上場が確定している。
★BINANCEへの上場ではなく、HitBTCへの上場と変更になりましたが、HitBTCは現在日本住居のユーザーは取引ができません。

☆WithCoin(ウィズコイン)のホワイトペーパーによると総発行枚数50億枚でした。
★アナウンスもなく300億枚に変更されていたということです。

WithCoin終了のお知らせまとめ

「WithCoin(ウィズコイン)松山光市氏に関する集団訴訟」の被害額が約19.5億円とすごい金額ですね!

WithCoin(ウィズコイン)は、開発者松山光市氏によりFinalICOとして上場直前に、大々的にプロデュースされました。
WithCoin終了のお知らせ?により、松山光市氏プロデュースのWithCoinのICOは、本当にFinalICOですかね。

スポンサーリンク