Zaif、クレジットカードに制限|Bitgrail200億円流出

Zaif クレジットカード 制限

クレジットカードを使った仮想通貨の購入がますます困難になりつつあります。

 

 

日頃より仮想通貨取引所『Zaif』をご利用いただき、誠にありがとうございます。

クレジットカード会社からの要請があり、2018年2月9日(金)17:00から、クレジットカードでの仮想通貨購入の停止が必要となりました。
ご利用のお客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

再開は現在のところ未定となっておりますが、再開可能となった場合は別途お知らせいたします。

今後とも仮想通貨取引所『Zaif』をよろしくお願いいたします。

テックビューロが運営する仮想通貨取引所「Zaif」から2月9日にメールで連絡がありました。
クレジットカード会社からの要請があり、クレジットカードによる仮想通貨の購入を一時停止、再開時期は「未定」としています。
Zaifでは、国内発行のVISAやMASTERカードを使ってビットコインとモナコインの購入が可能でした。

スポンサーリンク

米国銀行大手もクレジットカードによる購入を禁止したと報じられています。


仮想通貨をめぐっては、価格の乱高下やリスクの高さを理由にクレジットカードでの購入は廃止の流れです。

ZaifとGMO立ち入り


取引所大手コインチェック(東京)で仮想通貨流出が発生したのを受けた措置としています。
麻生金融担当大臣は「システムリスク管理も含め、内部管理体制を検証する」と説明しました。
他の取引所も順繰りに立ち入りして、この際体制をきちっとしてもらいたいです。

約200億円分のナノ(XRB) 不正流出 持ち逃げ疑う声も

イタリアの取引所ビットグレイルで、約200億円分のナノ(XRB)が 不正に流出したと報じられています。
経営者の持ち逃げを疑う声もでています。
先月コインチェックで、580億円の流出騒ぎが起きたばかりでまた巨額な流出です。
仮想なだけに札束のように重くないので、瞬時に流出してしまいます。
と言うか、200億円ってかなりの金額だけどあまり騒がれないですね!
仮想通貨はカスミのようでもあります。

NEM追跡その後

コインチェックの不正流出が発覚して2週間が過ぎましたが、いまだ騒動が終息する様子はありません。
流出した580億円の(NEM)の一部5億円が別の仮想通貨に交換された可能性があることが分かりました。

流出に関与した人物は、匿名性の高いダークウェブサイト(アンダーグラウンド)を開設し、
(NEM)と別の通貨との交換を持ちかけています。
興味本位なのか、交換に応じている人が多数いるといいます。
580億円流出した悲しい事件がありましたが(NEM)に罪はございません。

NEMは独自トークン

NEMは、ネムラーに根津よい人気があり様々な使われ方をしています。

NEMは色々なところで色々と使えます。

NEMはどこで買う?

スポンサーリンク